「アイドルマスター」総合プロデューサー・ガミPが語る“人を動かす”極意!『主人公思考』10月28日(木)発売

2020年に生誕15周年を迎えた、大ヒット育成シミュレーションゲーム「アイドルマスター」(通称:アイマス)。アーケードゲームから始まり、家庭用ゲームやスマホゲーム、アニメ、ライブなど多角的に展開、今や市場規模600億円(※)に上るモンスターコンテンツです。
本書は、その最大の立役者である総合プロデューサー・坂上陽三氏(通称:ガミP)の仕事術をまとめたビジネス書です。
※バンダイナムコエンターテインメント及びパートナー企業のアイドルマスター関連の商品・サービス等の推定総額

「アイマス」がなぜ多くのビジネス展開に成功したか、それは関わるスタッフが同じモチベーション(自分事)で仕事に取り組んでいるから。

「アイマス」がなぜ多くのファンに愛されているか、それはゲームの主役をアイドルではなく、プレイヤー(プロデューサー)に置いているから。

「何事も“自分事化”できれば、人は最高のパフォーマンスを発揮できる」と坂上氏は語ります。

・自社のサービスにファンがつかない
・質はいいのに商品が売れない
・部下が指示待ちタイプから脱却しない
・仕事を依頼したスタッフのモチベーションが低いetc.

こんな悩みを持つビジネスマンやクリエイター必見。本書では、人がまるで物語の主人公のごとく、能動的に行動する仕組みと方法を紹介します。

また、カバーには「アイマス」の象徴的キャラクター・天海春香が登場。懐かしの衣装&ポーズの特別描き下ろしイラストで、「アイマス」ファンも垂涎の一冊です。

著者からのコメント
「仕事をする上で、まずは自分事にするという言葉はみなさんの勤めている会社でも言われる言葉ではないでしょうか。当たり前だ、と思う方も多いと思います。でも考えてみてください。本当にできている自信がありますか? 『上司に言われたから』『周りの状況から仕方なく』のような、第三者の都合を言い訳にしていないでしょうか。自分だけではなく、仕事に関わる仲間や部下たちにどう促せば自分事と思ってもらえるのか。これは、大変難しいことだと思っています。
本書では、自身の経験を踏まえて自分が行ってきたことや考えてきたことをつらつらとお伝えしたいと思います。そのなかでみなさんが、日々の仕事の悩みについて何か少しでも気づくきっかけになれば幸いです。」
※書籍内「はじめに」より抜粋

そのほか、メロンブックスでは特典付き版も販売予定。内容など詳細は後日メロンブックスHP、KADOKAWAライフスタイル編集部公式Twitter(@kadokawa_ls)で告知します。
https://www.melonbooks.co.jp/
https://twitter.com/kadokawa_ls

また、シリーズ公式YouTubeチャンネル「アイドルマスターチャンネル」では、書籍の発売を記念した特別番組を配信。担当編集が見どころを語るので必見です。

【目次より】
・第1章
「アイドルマスター」誕生 ~現象の作り方~
・第2章
主人公はユーザー ~ヒットに育てる方法~
・第3章
プロデューサー視点 ~クリエイターの思考法~
・第4章
自分で選択できる人になる ~一流のプレイヤーになる方法~
・第5章
自分事化できる人に育てる ~一流の人材を育てる方法~
・第6章
会社員プロデューサー ~組織で働くメリット~

【コラム】
実録!バンナム社員から見た坂上陽三
※上記は変更になる場合があります

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

主人公思考 [ 坂上 陽三 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/9/10時点)

楽天で購入

 

 

『主人公思考』
著者:坂上陽三
発行:株式会社KADOKAWA
定価: 1,650円(本体1,500円+税)
発売日:2021年10月28日(木)
判型:四六判
ページ数:256
ISBN:978-4-04-605400-5

読み物・楽しみ

Posted by 管理