硬い敬語のままで通して、人間関係損してませんか?『いい人間関係は「敬語のくずし方」で決まる』発売 ビジネスで失礼なく使える、関係づくりのコミュニケーション心理学

青春出版社(東京都・新宿区)は『いい人間関係は「敬語のくずし方」で決まる』(藤田尚弓/著)を9月2日に発売いたします。

正しい敬語は社会人の基本。だけど、正しく使っているだけでは、なかなか相手と距離が縮まりません。できる大人ほどサラッと敬語をくずして、相手となごやかな関係を築いています。

目上の人でも失礼にならず、話す側もストレスにならない、心の距離を一気に縮められる敬語のくずし方のコツを、希代のコミュニケーションコンサルントが、豊富な具体例をもとに紹介しました。

◎初対面の人とすぐに打ちとけたいとき
◎営業で、多くのお客さん、取引先といい関係を築きたいとき
◎上司や取引先と関係を深めたいとき
◎趣味などのコミュニティで早く溶けこみたいとき
◎合コンや飲み会で、気になる人と仲良くなりたいとき

「敬語のくずし方」を知っていれば、強い味方になってくれます!

  • 目次

【1章】敬語を上手にくずせると、なぜ人が集まってくるのか
【2章】失礼なく敬語をくずす「3つのポイント」
【3章】ストレスなく敬語をくずす「7つのステップ」
【4章】この相手にはこうくずす!タイプ別攻略法
【5章】シチュエーション別!敬語のくずし方実例集
【6章】メール・オンライン時代に役立つ敬語のくずし方

  • 著者プロフィール

藤田尚弓(ふじた・なおみ)
企業と顧客をつなぐコミュニケーション媒体を制作する株式会社アップウェブ代表取締役。全国初の防犯専従職として警察署に勤務し、防犯関連のコミュニケーションデザインを担当。銀座のクラブ等を経て、現在に至る。硬軟織り交ぜたコミュニケーションの専門家として、企業研修や執筆、TVコメンテーターなど幅広く活動している。早稲田大学オープンカレッジ講師、All About 話し方・伝え方ガイド。日本社会心理学会、日本応用心理学会所属。

 

『いい人間関係は「敬語のくずし方」で決まる』
著者:藤田尚弓
発売日:2021年9月2日
定価:990円(税込)
ISBN:978-4-413-04630-5

読み物・楽しみ

Posted by 管理