千葉ともこ 新作『戴天』 文庫本『震雷の人』発売決定 山田章博 単行本装画イラストを公開

株式会社文藝春秋(本社:千代田区紀尾井町 社長:中部嘉人)は千葉ともこさんの新刊単行本『戴天』と文庫本『震雷の人』の発売決定、および人気漫画家・イラストレーター山田章博さんの単行本装画を公開します。

『震雷の人』で第27回松本清張賞を受賞した、千葉ともこさんの新刊『戴天』は5月10日に発売。受賞後一作目となる本作は、唐・玄宗皇帝の時代を舞台に、熱き男たちの魂の闘いを描きます。そしてこの度『震雷の人』も6月7日に文庫化が決定しました。運命に抗う兄妹の、ロマン香る大河小説です。

両作の発売にあたって、装画を担当されるのは山田章博さん。漫画家・イラストレーターとして国内外で高い人気を誇り、『十二国記』(小野不由美・著)の装画でも広く知られています。今回公開した単行本『戴天』装画では、主要登場人物達が一堂に会しており、雄大で力強い作品世界が見事に表現されています。

戴天』あらすじ
唐・玄宗皇帝の時代。皇帝は政治を疎かにし、宮廷では佞臣が暗躍していた。身体を欠損し失意のうちに従軍した崔子龍は、権勢を振るう宦官・辺令誠の非道に憤り、天童と謳われた真智は、義父の遺志を継いで皇帝を糺そうとしていた。そこへ、安禄山挙兵の報が届く。彼らの闘いは、この国をどこへ導くのか――。胸を熱くする圧巻の中国歴史長編。

『震雷の』あらすじ
〈安史の乱〉により未曾有の混乱に陥った唐で、言葉の力を信じ、戦禍の流れを変えるべく奔走した顔季明。彼の言葉を胸に、武芸に秀でた許婚の張采春は故郷を出奔し、采春の兄の張永は叛乱軍との戦へ身を投じた。袂を分かった兄妹の運命は戦場にて思わぬ形で交差する――。松本清張賞受賞の大河武侠小説。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

戴天 [ 千葉 ともこ ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2022/4/23時点)

楽天で購入

 

 

戴天』商品情報
出版社:株式会社文藝春秋
判型:四六判並製 376ページ
発売日:2022年5月10日
定価:1980円(税込)
ISBN:978-4-16-391537-1
書誌ページ:https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163915371

 

読み物・楽しみ

Posted by 管理