戦争とパンデミックの時代に、この知の巨人の声を聞け! ヤマザキマリ『壁とともに生きる~わたしと「安部公房」』 漫画家・エッセイストとして活躍するヤマザキマリが「心の師」と仰ぐ安部公房についてまとめた珠玉の一冊

自由に生きれば欠乏し、安定すれば窮屈だ。どうしようもなく希望や理想を持っては、様々な“壁”に阻まれる――。そんな私たち人間のジレンマを乗り越えるヒントは、戦後日本のカオスを生きた作家・安部公房にある!

漫画家・エッセイストとして活動するかたわら、テレビ・ラジオなどでも多彩な才能を発揮しているヤマザキマリ。そんな彼女が「心の師」と仰ぐ人物がいる。芥川賞作家であり、劇作家、演出家としても世界にその名を知られた安部公房である。彼女が最も敬愛する作家・安部公房について、彼の作品に触れながら一冊の本にまとめた『壁とともに生きる ~わたしと「安部公房」』が5月10日に発売された。

  • プロローグより抜粋
    ~十代の後半、私は留学先のイタリアで安部公房の作品に出会って以来、小説から論評・エッセイ、戯曲にいたる彼の文学を、私は貪るように読んで傾倒してきた。もしあの頃、安部公房の文学に出会っていなかったら、私は今とは違う考え方や生き方をしていたかもしれない。

    ~私たちは今、パンデミックと戦争というまさに百年前に近い不穏な世界情勢の只中に生きている。だからこそ第二次世界大戦後の混乱のなかで、あらゆる予定調和の崩壊、そしてあらゆる不条理と対峙しつつも、表現という手段を武器に毅然として生き延びてきた安部公房という作家の作品は強い説得力を持つ。彼の作品を軸に思索することで、今の時代を乗り越えるためのあらゆる示唆を感受できるのではないかと思う。

漫画家・ヤマザキマリに深い影響を与え、先の見えない現代にこそその先見性が煌めく作家の「観察の思考」を、著者の視点と体験から生き生きと描いた一冊だ。

※NHKEテレ「100分de名著」2022年6月放送予定「安部公房 砂の女」に講師出演決定!

  • 内容

●プロローグ 壁とともに生きる
●第一章 「自由」の壁……『砂の女』
●第二章 「世間」の壁……『壁』
●第三章 「革命」の壁……『飢餓同盟』
●第四章 「生存」の壁……『けものたちは故郷をめざす』
●第五章 「他人」の壁……『他人の顔』
●第六章 「国家」の壁……『方舟さくら丸』

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

壁とともに生きる わたしと「安部公房」 (NHK出版新書 675 675) [ ヤマザキマリ ]
価格:1023円(税込、送料無料) (2022/5/13時点)

楽天で購入

 

 

書名:壁とともに生きる  わたしと「安部公房」

出版社:NHK出版
発売日:2022年5月10日
定価:1,023円(税込)
仕様:新書版並製
ページ数:280ページ
ISBN:978-4-14-088675-5 C0295
URL:https://www.nhk-book.co.jp/detail/000000886752022.html

読み物・楽しみ

Posted by 管理