脚本家・内館牧子が、歌い継いでいきたい童謡・唱歌への思いをつづったエッセイ『消えた歌の風景 PART2─忘れたくない 21 の童謡・唱歌』5月18日に発売

清流出版株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:松原 淑子)は『消えた歌の風景PART2』(内館牧子 著)を 2022年5月18日に発売いたします。
四季折々の古きよき歌への思いを込めて、懐かしい日本の風景や美しい日本人の心をつづった本作は、オールカラーで歌詞と歌の情景も楽しめる一冊となっています。
URL:http://www.seiryupub.co.jp/books/2022/04/part2.html

突然の急病で一命を取りとめたときに頭の中で流れた「ふじの山」、被災地の避難所で女子高生が歌った「里の秋」、内気だった少女時代の思い出を重ねた「春よ来い」──。

  • 歌は、多くのことを私たちに教えてくれる。

童謡・唱歌の世界には、かつての日本人の生き方や心情が、色濃く出ています。以前は祖父母や両親が教えてくれたり、学校でも習った童謡や唱歌が歌い継がれておらず、消えつつある。このままでいいのかという危惧を抱いた内館牧子さんが、古きよき歌への思いを込めて綴った珠玉のエッセイです。
オールカラーで歌詞と歌の情景のイラストも楽しめる、心に響く美しい1冊です!

目次

~はじめに~ないしょ話

春の歌 思い出のアルバム/どこかで春が/青葉の笛/やさしいおかあさま/野ばら

夏の歌 てるてる坊主/たなばたさま/浜辺の歌/宵待草/五木の子守唄
秋の歌 里の秋/月/山のロザリア/とんぼのめがね/やぎさんゆうびん

冬の歌 たきび/ふじの山/雪の降る街を/春よ来い/四季の歌

【著者略歴】内館牧子
1948年秋田市生まれ、東京育ち。武蔵野美術大学卒業後、13年半のOL生活を経て、1988年脚本家としてデビュー。テレビドラマの脚本は「ひらり」(1993年第1回橋田壽賀子賞)、「毛利元就」(1997年NHK大河ドラマ)など多数。小説家、エッセイストとしても活躍。2003年、大相撲研究のために東北大学大学院に入学、2006年3月修了。著書に『終わった人』『すぐ死ぬんだから』『今度生まれたら』(共に講談社)、『小さな神たちの祭り』(潮出版社)、『男の不作法』『女の不作法』(共に幻冬舎)、『消えた歌の風景PART1』(清流出版)など。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

消えた歌の風景 PART2 忘れたくない21の童謡・唱歌 [ 内館牧子 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2022/5/20時点)

楽天で購入

 

 

書名:消えた歌の風景 PART2 ─忘れたくない21の童謡・唱歌─
著者:内館牧子
出版年月日:2022/5/18
判型・ページ数:A5版変型・並製・176頁
定価:1760円(税込)

書誌詳細ページ
http://www.seiryupub.co.jp/books/2022/04/part2.html

読み物・楽しみ

Posted by 管理