65歳以上の7人に1人は認知症という現実。長らく認知症の医療相談に関わってきた医師の立場から、認知症を抱えた家族の葛藤を描いた小説の発刊です。

それは、火の不始末とちぐはぐな鍋料理から始まった。
もし可能性があったとしてもまだまだ先のこと、そう考えていた。
突然見え始めた認知症のきざし、そこから徐々に症状は進んでいく。
同居する娘の視点でとらえた変わりゆく母親の姿、夫の態度の変化、妹との温度差。
認知症の母親を抱えたひとつの家族の物語。

認知症と共に生きる高齢者の人口は今後も増加し、2025年には高齢者の5人に1人、国民の17人に1人が認知症になるものと予測されています。
このような時代にあって、私たちは、どのように生きていくべきなのでしょうか。
家族という社会の小さな単位から、問題を投げかける作品です。

  • 著者紹介

成川有一(なりかわ ゆういち)
医療法人社団恵有会 緑協和病院 前理事長・前院長。
1948年生まれ。
東京医科大学を卒業、血液学にて博士号取得。
昭和59年、横浜市に個人病院として緑協和病院を開設。
平成29年、医療法人に組織変更。
オーナー院長として自由奔放な発想で36年間病院経営を行う。
本業の傍ら、ホームページを通し医療関係のブログ開設、独自の視点で認知症の解説並びに医療相談を行ってきた。
令和2年5月31日をもって勇退。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

霜月の夕暮れ 認知症への新たな問いかけ [ 成川有一 ]
価格:1100円(税込、送料無料) (2022/6/17時点)

楽天で購入

 

 

読み物・楽しみ

Posted by 管理