アラスカで暮らす絵本作家・あずみ虫さんがおくる、野生動物の物語絵本『ホッキョクグマのプック』 株式会社童心社(出版社本社:東京都文京区 代表取締役社長・後藤修平)は、絵本『ホッキョクグマのプック』を1月13日に発売

2023年1月15日

本作『ホッキョクグマのプック』は、アラスカを拠点に活動する絵本作家のあずみ虫さんが、野生動物を取材して描く物語絵本。
野生動物を観察したいという思いから、1年の半分を自然ゆたかなアラスカで暮らすあずみ虫さん。
本作は、アラスカで住むようになったあずみ虫さんが、現地で取材・観察して作り上げた初めての絵本です。

トピックス:
・『ホッキョクグマのプック』あらすじ
・ホッキョクグマの親子を絵本に――あずみ虫さんインタビューより
・ホッキョクグマを守ることは、地球全体の自然を守ること ――本作あとがきより
・書誌情報
・著者プロフィール

さむい冬のある日。カナダの北極地方で、ちいさなホッキョクグマのあかちゃんが生まれました。
おかあさんは、あかちゃんにプックという名前をつけました。
春になると、プックははじめて巣穴の外にでます。
はじめてみる外の世界は、とてもひろくて、みたことのないものがいっぱい!
プックのだいぼうけんのはじまりです。

プックが、おかあさんのまねをして鼻を空たかくあげて、まわりのにおいをかいでみると、
今までかいだことのない、こわいにおいが近づいてきて……。

ホッキョクグマの親子のあたたかな愛情を、親しみやすいイラストで描きます。

親子の写真を撮ると、同じポーズになってしまうほど、子グマがしょっちゅうお母さんの真似をしていてました(笑)。何でもお母さんと一緒で、子グマは本当にお母さんが大好きなんだなと思いましたし、親子の愛情を感じて、このホッキョクグマの親子の絵本を作りたい!と思ったのです。

――実際の観察がベースになっているので、物語絵本ではありますが、しっかりとホッキョクグマの生態に基づいて作られているのですね。観察をして印象に残ったことなど教えてください。

鼻を高く上げてにおいをかいでいる様子でしょうか。

ホッキョクグマにとって、においをかぐことはとても大事なことなのです。鼻を高く上げて、空気中のにおいをかいで、目に見えない広い範囲で起きていることを把握しています。

死んだクジラか何かが浜にうちあげられた時にも、鼻を高く上げて、においを察知し、死骸を食べに出かけていました。

この絵本で出てくるようなホッキョクグマ親子も、オスのクマに出会い襲われないように、時々においをかいで、注意しながら移動していました。

(以上、あずみ虫さんインタビューより抜粋)

あずみ虫さんインタビュー全文はこちら
https://www.doshinsha.co.jp/news/detail.php?id=2870

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ホッキョクグマのプック [ あずみ虫 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2023/1/10時点)

楽天で購入

 

 

書名:ホッキョクグマのプック
作:あずみ虫
定価:1,650円 (本体1,500円+税10%)
判型:A4変型判
サイズ:24.6×21.6cm
ページ数:41ページ
ISBNコード:978-4-494-01585-6
発売日:2023年1月13日
対象:3歳~
童心社ホームページ:https://www.doshinsha.co.jp/search/info.php?isbn=9784494015856

読み物・楽しみ

Posted by 管理