毎日の経済ニュースが「自分ごと」で理解でき、 「生活防衛」に役立つ本 『ニッポン経済の問題を消費者目線で考えてみた』刊行

フォレスト出版株式会社(所在地:東京都新宿区、代表取締役:太田 宏)は、『ニッポン経済の問題を消費者目線で考えてみた』(著者:馬渕 磨理子/渡辺 広明)2023年1月24日より発売いたします。

物価高、増税、エネルギー不足、利上げ、上がらない給与……。テレビや新聞、ネットから毎日流れてくる「経済」関連のニュース。

「自分には関係ない」「興味があるけれど、専門用語や知識がないからわからない」――。

そんな人のために、経済アナリストとマーケティングアナリストというそれぞれの立場から、よく見聞きするニッポン経済の問題を、消費者目線でわかりやすく解説した1冊が登場しました。

著者は、超人気の経済アナリスト・馬渕 磨理子と徹底的に現場主義のマーケティングアナリスト・渡辺 広明という最強タッグ。日本経済が抱える問題は、具体的に何が問題で、どのように解決していけばいいのか?全45本の経済TOPICを、オールカラー図版約100点を交えながら、消費者目線で超わかりやすく解説したのが本書です。

■本書の特長は次の3つです。

(1) 著者2名による対談形式なので、サクッと読める

経済ジャーナリスト・馬渕 磨理子、マーケティングアナリスト・渡辺 広明の著者2名による対談形式で、各項目のTOPIC(問題)に関する重要エッセンスを解説していますので、より具体的にわかりやすく読み進めることができます。

(2) 気になる(興味のある)項目から読める、読み切り形式

本書で取り上げている項目(TOPIC)ごとに内容が完結していますので、気になる(興味のある)項目から拾い読みすることができます。また、各項目のラストに「POINT」として、各項目で押さえておきたい重要エッセンスをまとめていますので、より理解が深まるつくりになっています。

(3) 図表データが豊富でわかりやすい

各項目(TOPIC)に関連する図表データを豊富に掲載しています。本文を読みながら、図表をチェックすれば、本文中の数字だけではわからない、推移や比較などができ、より理解を深めることができます。

■具体的にどのようなTOPICを取り上げているか、一部をご紹介します。

◎物価高騰は、いいこと? 悪いこと?

◎日本人の年収を上げるために必要なことは?

◎超高齢化社会って、現役世代にいつ、どんな影響があるの?

◎日本はもうオワコンなの? 日本の強みは何?

◎税金はどんなことに使われるのがいい?

◎米国や中国のニュースは、自分にとって何が大事?

◎これからの働き方はどうなるの?

◎デジタル化は、どんなメリットがある?

◎食糧危機って、日本にどう影響する?

◎日本経済が復活するには、何をすればいい?

◎死ぬまで働かないといけない? 仕事はあるの?

◎現役世代が定年後もお金に困らないための準備法

……and more!

中学生以上なら誰でもわかる!

経済ニュースがもっと自分ごとになる!

毎日の「経済ニュース」が理解できるようになり、「生活防衛」に役立つ1冊です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ニッポン経済の問題を消費者目線で考えてみた [ 馬渕 磨理子 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2023/1/24時点)

楽天で購入

 

 

書名  : ニッポン経済の問題を消費者目線で考えてみた

著者  : 馬渕 磨理子/渡辺 広明

ページ数: 256ページ

価格  : 1,980円(税込)

出版社 : フォレスト出版株式会社

ISBN  : 978-4-86680-212-1

発売日 : 2023年1月24日

URL   : https://www.forestpub.co.jp/author/mabuchi_mariko/book/B-2068

読み物・楽しみ

Posted by 管理