豊富な地図と写真で解説する『図説 日本の異界を歩く!遠野物語』 発売 大人が読むから面白い、精霊・妖怪たちとのふれあいの旅

青春出版社(東京都・新宿区)は『図説 日本の異界を歩く!遠野物語』(志村有弘/監修)を5月8日に発売いたします。大型連休でも旅行しづらい昨今、ふんだんな図版や写真で民話の里「遠野」をめぐる、大人に読んでいただきたい一冊です。

日本の原風景を今に残す場所、遠野。

柳田國男の代表的民話『遠野物語』に登場する精霊や妖怪たちは、人びとの前にごく自然に姿を現わし、ふれあい、心優しい行動や恐怖を抱かせたりすることで「それは真実なのだ」と納得させてくれる。

オシラサマ、オクナイサマ、座敷童子といった家神・精霊。 異人・妖怪ともいうべき山男、空を飛ぶ山女、娘を食う山姥、天狗など…。

遠野に古くから語り継がれる民話の真の姿を、ふんだんな図版で浮き彫りにした一冊。

【主な構成】
●序章:遠野物語とはなにか
●第一章:神々と精霊
オシラサマ、座敷童子、山の神々…
●第二章:霊魂と妖怪
山男、神隠し、大津波…
●第三章:動物と人間
河童、狐、蛇、白い鹿…
●第四章:伝承と年中行事
池ノ端の石臼、雨風祭…
●終章:柳田國男の生涯

【カラー口絵付きで「遠野物語」の世界観へ誘います】

【監修者プロフィール】
志村有弘(しむら・くにひろ)1941年、北海道生まれ。怪奇・伝承文学研究者。立教大学大学院修了。相模女子大学名誉教授。主な著書は「妖異怨霊奇談」(朝文社)、「羅生門の怪」(角川書店)、監修は「図説 眠れないほど怖くなる! 日本の妖怪図鑑」(小社刊)など。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

図説 日本の異界を歩く! 遠野物語 (青春文庫) [ 志村 有弘 ]
価格:1309円(税込、送料無料) (2021/4/29時点)

楽天で購入

 

 

【書籍紹介】
『図説 日本の異界を歩く!遠野物語』

監修:志村有弘
発売日:2021年5月8日
定価:1,309円(税込)
ISBN:978-4-413-09777-2

読み物・楽しみ

Posted by 管理