絶対号泣小説!『さよならの向う側』のポスターを都営新宿線に掲出いたしました

・最後の再会を描いた純度100%の感動小説
・「生きるを教えてくれる作品です。」――TikTokクリエイターけんごさん
マイクロマガジン社(東京都中央区)は、重版出来した小説『さよならの向う側』ポスターを都営新宿線に掲出いたしました。

【あらすじ】
「あなたが、最後に会いたい人は誰ですか?」

「さよならの向う側」と呼ばれる場所にいた男、案内人はそう言った。
人は亡くなった時、最後に一日だけ現世に戻って
会いたい人に会える時間が与えられる。

ただし、その中で会える人は、
あなたが死んだことをまだ知らない人だけ――。

きっとどんな困難が待っていても、人はそれでも大切な人に会いに行く。
そんな、さまざまな人たちの最後の再会を描いた純度100%の感動小説。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

さよならの向う側 [ 清水晴木 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/8/6時点)

楽天で購入

 

 

【著者情報】
著:清水晴木

千葉県出身。東洋大学社会学部卒業。
2011年、函館港イルミナシオン映画祭第15回シナリオ大賞で最終選考に残る。
2015年、『海の見える花屋フルールの事件記 秋山瑠璃は恋をしない』(TO文庫)で長編小説デビュー。以来、千葉が舞台の小説を上梓し続ける。著書に『海の見える花屋フルールの事件記 秋山瑠璃は恋を知る』、『緋紗子さんには、9つの秘密がある』、『体育会系探偵部タイタン!』、『星に願いを、君に祈りと傷を』等がある。

ISBN:9784867161401
四六判/ハードカバー/240ページ
定価 :1,650円(本体 1,500円+税10%)

読み物・楽しみ

Posted by 管理