「人の時間」の実態に、膨大な取材と文献で挑んだ「数式なしの時間論」。異色の時間本が本邦初翻訳。 No.1 数学・物理系YouTuber ヨビノリたくみ氏もハマった!「あまりにも面白かったので“一瞬”で読み終えてしまいました」

株式会社東洋館出版社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:錦織圭之介)は、『WHY TIME FLIES:なぜ時間は飛ぶように過ぎるのか』を2021年10月20日に刊行します。

コロナ禍での自粛生活で「いつも以上に、時間が過ぎるのが速い」と感じた人も多いのではないでしょうか。コロナ禍でなくとも、年末にもなると「1年があっという間だった」と思いを馳せてしまうものです。

ですが、「なぜ速く感じるのか」「そもそも体のどこで時間を感じているのか」と一歩踏み込むと、たちまち謎めいてくるのが時間というテーマです。

###
私は時間の世界へ旅に出た。その目的は、時間を理解し、アウグスティヌスがしたように、時間は《どこから来たり、どこをとおって、どこに過ぎさってゆく》かを問うことだ。
時間には、純粋に物理学的、数学的な側面があるが、それらについては、宇宙論の領域の偉大な研究者たちが議論を続けている。
私が関心を持つのは、生物における時間の現れ方だ。
私は世界の時間研究の現場をめぐり、何人もの専門家を訪ねながら、私が(そしてたぶん、あなたも)以前から気にかけていたいくつかの問題の答えを探した。
(はじめに より)
###

本書は、サイエンスライターである著者が、一般的な目線から「体験ベースの実験・取材」をもとに語っていく、これまでにない時間本。理系の知識を問わずに、楽しんでいただけます。

【本書で深入りしていく「時間の謎」】

  • 世界一正確な時刻は誰が決めているのか。
  • 1 日=24 時間の区切りがなくなると人はどうなるのか。
  • 音は耳、光は目、匂いは鼻。では、時間を感じているのは?
  • 「今」とは何か。計れるのか。
  • 事故にあったとき、世界がスローモーションになるのは本当か。
  • 赤ちゃんは時間をどう感じているのか。
  • 時間がゆっくり進んだり、あっという間だったりするのはなぜか。
  • なぜ歳をとると時間が速く過ぎるのか。

……ほかにも時間の謎にまつわるトピックが満載です。
本書で「時間を忘れる」知的読書体験を!

時間について脳内で起こっていること、そのとてつもなさには驚くしかない。
ーー著者 アラン・バーディック

[著者プロフィール]
Alan Burdick(アラン・バーディック)
ニューヨーク・タイムズのシニア・スタッフエディター。これまでにニューヨーカーのスタッフライターおよびシニア・エディター、ニューヨーク・タイムズ・マガジ ン や ディスカバーなどの雑誌のエディターなどを経て現職に至る 。ハーパーズ 、GQ、ナチュラル・ヒストリー、オンアース、アウトサイドなどにも寄稿し、その記事は『Best American Science and Nature Writing』にも収載されている。 1 冊目の著書『Out of Eden:An Odyssey of Ecological Invasion(翳りゆく楽園 外来種 vs. 在来種の攻防をたどる)』は全米図書賞のファイナリストにノミネートされ、オーバーシー・プレスクラブアワードの環境報告部門賞を受賞した。グッゲンハイム・フェローへの選出歴がある。小惑星9291に名前が登録されている。 家族とともにニューヨーク郊外に暮らす。

[訳者プロフィール]
佐藤 やえ
翻訳家。薬剤師の資格を持ち、医学・医療情報の翻訳、自然科学系の書籍翻訳を手がけている。訳書に、『New Scientist 起源図鑑』『Beyond Human 超 人類の時代へ』(ともにディスカヴァー・トゥエンティワン)、『国際移住機関世界移民統計アトラス』(原書房)など。東京都品川区在住。

 

書 名:WHY TIME FLIES:なぜ時間は飛ぶように過ぎるのか
著 者:アラン・バーディック
翻訳者:佐藤 やえ
判 型:四六判
頁 数:424
発売日:10月20日
価 格:2,200円(税10%)
ISBN:978-4-491-04404-0
発行元:東洋館出版社
URL:http://www.toyokanbooks.com/books/04/589802.html

読み物・楽しみ

Posted by 管理