★長年天文ファンに愛される、ビギナー向け星空観察バイブル『藤井 旭の天文年鑑 2022年版』が今年も発売!★2022年の注目の天文現象

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2021年12月10日(金)に、『藤井 旭の天文年鑑 2022年版』を発売いたします。

本書は、2022年に起こる天文現象を、観察できる時刻や観察方法について紹介しながらわかりやすく解説した星空観察のコンパクトサイズのガイドブックです。12ヵ月それぞれの月の星空の様子と、その月に起こる天文現象をわかりやすく紹介しました。

2022年に起こる天文現象として注目したい現象は、11月8日の皆既月食です。この日の月食は、夜の20時ごろに最大食となる、とても見やすい月食となります。また、この皆既月食中には天王星が月に隠される加天王星の食が起こります。

そのほか5月27日の昼間には、青空の中で金星が月にかくされる金星食が起こり、7月21~22日にかけては火星が月にかくされる火星食が起こります。

さらにその火星は、12月1日に地球に接近して、南の空に赤く輝き、天体望遠鏡でのぞくと、火星表面模様を楽しむことができます。

天文初心者でも手にとってすぐにわかるように、写真図版とともに観測する際のポイントを紹介しているので、子どもから大人まで楽しめる一冊です。

●2022年の注目の天文現象
5月27日 昼間の金星食
7月21~21日 火星食
11月8日 皆既月食
11月8日 皆既月食中の天王星食
12月1日 火星の接近

【目次】
●毎月の星空ガイド
1月の星空ガイド、2月の星空ガイド、3月の星空ガイド、4月の星空ガイド、5月の星空ガイド、6月の星空ガイド、7月の星空ガイド、8月の星空ガイド、9月の星空ガイド、10月の星空ガイド、11月の星空ガイド、12月の星空ガイド
●惑星
2022年の太陽系の動き、水星、金星、火星、木星、ガリレオ衛星の動き、土星、天王星、海王星、準惑星ケレスの動き、小惑星ベスタの動き、小惑星パラスの動き、小惑星ユノーの動き
●流星群
1月4日 しぶんぎ座流星群、4月23日 4月こと座流星群、5月6日 みずがめ座ηエータ流星群、5月31日 ヘルクレス座τタウ流星群、7月30日 みずがめ座δデルタ南・北流星群、8月12~13日 ペルセウス座流星群、10月9日 10月りゅう座流星群、10月22日 オリオン座流星群、11月上旬 おうし座流星群、11月18日 しし座流星群、12月14日 ふたご座流星群、12月23日 こぐま座流星群
●星食
2月6日 うお座μミュー星の食、3月9日 おうし座υ ユープシロン星の食、3月22日 てんびん座αアルファ2星の食、4月12日 しし座ηエータ星の食、4月13日 小惑星アフティの恒星食、4月15~16日 おとめ座γガンマ星の食、5月15日 てんびん座αアルファ2星の食、5月17日 さそり座δデルタ星の食、5月27日 金星食(昼間)、7月10日 さそり座δデルタ星の食、7月21~22日 火星食、9月4日 へびつかい座36番星の食、11月18日 天王星食
●月食
11月8日 皆既月食
●変光星
4月下旬 オリオン座U、4月30日 はくちょう座χが極大
●接近
2月13日 明け方の東天、3月20日 明け方の東天、3月31日 明け方の東天、4月下旬 惑星が並ぶ、4月下旬 水星とプレヤデス星団、5月1日 金星と木星の大接近、5月初旬 水星とプレヤデス星団、8月18日 月と天王星、12月6日 月と天王星
●彗星
2017 K2 パンスターズ彗星
●観測ガイド
火星の観測、土星環の観測、流星観測の楽しみ方、シリウスの伴星に注目、9月21日 中秋の名月、皆既月食の見どころ
●カコミ
水星と金星の満ち欠け、牽牛と織女の距離、流星群と隕石、流星群の輻射点、2023年の天文現象

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

藤井 旭の天文年鑑 2022年版 スターウォッチング完全ガイド [ 藤井 旭 ]
価格:990円(税込、送料無料) (2021/12/1時点)

楽天で購入

 

 

書 名:藤井 旭の天文年鑑 2022年版
著 者:藤井 旭
判 型:B6判、120頁
定 価:990円(税込)
配本日:2020年12月10日(水)
ISBN:978-4-416-62136-3

読み物・楽しみ

Posted by 管理