人生100年時代は50代の決断で差がつく。ロングセラー『50代から実る人、枯れる人』を復刊

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(本社:東京都千代田区、取締役社長:谷口奈緒美)は2021年12月23日に『50代から実る人、枯れる人』(松尾一也・著)を刊行しました。

  • 人生100年時代は、50代の決断で差がつく

50代というのは、仕事においても家庭においても多難な時期だと言えます。
子供の教育の総仕上げや、親の介護、看病、見送りといったライフイベントが迫る一方、別会社へ転籍になる、役職定年を迎える、給与が3〜4割程度減らされる、部下が上司になるといった厳しい現実にさらされます。
そして体力も落ち、経済的な不安も増し、人付き合いにも疲れてきます。

しかし、人生100年時代と言われる現代では、50代は折り返し地点です。
50代からの生き方を考えることは、人生を豊かにするうえでとても重要なのです。

  • 人材育成のエキスパートが大公開! 理想の人生を手に入れる55の秘訣

本書では、30年以上人材育成に取り組んできた著者が、自らの50代の経験も生かして、後半生をいかに豊かに自分らしく生きていくか、55の秘訣をアドバイスします。

50代は人生のマネジメント次第で、今まで育てた果実を手にできる一番愉快な黄金期です。そのために、思考・感情・言葉・行動を整えていきましょう。

  • ロングセラーを復刊!

本書は2017年10月に海竜社から出版された『50代から実る人、枯れる人』の新装版です。
長く愛されたロングセラーを復刊しました。
50代を迎えて様々な変化があり、不安を感じている方が、そうした悩みを抱えつつも、自分の中の希望や可能性を見つけ、新たな選択をしていく手助けになるでしょう。

【目次】
第1章 現実を知る
第2章 人間関係を整える
第3章 心を整える
第4章 からだを整える
第5章 仕事を整える
第6章 生活を整える
第7章 希望を整える

【著者情報】
松尾一也まつお・かずや
株式会社ルネッサンス・アイズ 代表取締役会長/作家
1961年東京生まれ。大学時代より東洋思想を学び、あわせて世界各地を旅して人間教育に目覚める。富士通㈱を経て、26歳で(株)ルネッサンス・アイズを創業。「人間学の探究」をライフワークに竹村健一氏、渡部昇一氏、本田健氏など日本をリードする人物の講演会を数多くプロデュース。現在では850名を超える講師陣ネットワークを築く。自身も人間力、リーダーシップ、モチベーション、コミュニケーションなど「人と組織の成長」にフォーカスしたテーマにて企業、官公庁、学校、病院などで講演・研修している。主な著書に『出逢い力─ ─あなたに逢えてよかったと言われる人生』(明日香出版社)、『奇跡の人間育成 大差を微差に縮め、微差を大差に広げる技法』(きずな出版)他がある。
(株)WISDOM SCHOOL取締役、大本山 弘法寺(真言宗)にて僧籍取得、日本プロトコール&マナーズ協会専務理事

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

50代から実る人、枯れる人(ディスカヴァー携書)
価格:1210円(税込、送料無料) (2021/12/28時点)

楽天で購入

 

 

タイトル:『50代から実る人、枯れる人』
発売日:2021年12月23日
刊行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
仕様:新書判/192ページ
ISBN:978-4-7993-2810-1
定価:1210円(税込)

読み物・楽しみ

Posted by 管理