【頭ではわかっていても、どうしても「本当とは違って」見える!】錯視の不思議な世界を堪能できるビジュアルブックが登場!

株式会社誠文堂新光社(東京都文京区)は、2021年12月14日(火)に、『 見て、知って、つくって! 錯視で遊ぼう』を発売いたします。

理科が好きになるビジュアルブック「子供の科学サイエンスブックスNEXT」シリーズ
第6弾は「錯視」。

見ているだけで不思議な感覚になる“錯視”。子供たちが気軽に楽しめる「錯視クイズ」をたくさん収録した本ができました!

クイズだけなく、自分で錯視立体を工作できる展開図も掲載。錯視を眺めて楽しんだあとは、錯視のしくみを知り、自分で工作もできるという流れになっています。

実際にはまっすぐの線が斜めに見えたり、同じ色のはずがまったく別の色に見えたり……。

ものを実際とは異なるように知覚する“錯視”は、本当のことがわかっても修正ができない、脳がつくり出した不思議でおもしろい現象です。

本書では、そんな錯視の図形や画像約35点を収録。答え合わせ部分では「なぜそう見えるのか」を図やイラストを使ってやさしく解説しています。大きな絵や写真を見ながら友達や家族とトライすれば、盛り上がること請け合いです。

また、絵や写真だけでなく、立体の錯視作品も紹介。QRコードがついている作品は動画コンテンツと連動していて、錯視が起きる様子を動画で確認することができます。

さらに、立体作品の紙工作ができる展開図台紙も!つくった作品をスマホで撮影するコツも紹介します。

知的刺激に満ちた錯視の世界を、とことん遊び&学びつくす一冊!

・錯視をクイズ形式で紹介。気軽に楽しみながら錯視を体験できます。
・どのような視覚効果で錯視が起きているのか、図やイラスト入りでわかりやすく解説しています。
・QRコードを読み込めば、錯視立体の動画に飛べる工夫も。平面ではわかりづらい錯視を動画で体験できます。
・錯視立体の展開図も収録。工作を通して、錯視の奥深い魅力に触れることができます。
・錯視立体の工作のポイントや視点を見つけるコツ、撮影テクもまとめました。自分で制作した錯視立体を動画や静止画にして残せるよう、フォローしています。

 

シリーズ名:子供の科学サイエンスブックスNEXT
書 名:見て、知って、つくって! 錯視で遊ぼう
著 者:杉原 厚吉
仕 様:B5変判、80頁
定 価:2,750円(税込)
発売日:2021年12月14日(火)
ISBN:978-4-416-62145-5

読み物・楽しみ

Posted by 管理