謎だらけの生物、きのこの真実に迫る! 伝説の"きのこ博士“が残した魅惑の「きのこエッセイ」

インプレスグループで山岳・自然分野のメディア事業を手がける株式会社山と溪谷社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:二宮宏文)は、ヤマケイ文庫『きのこの自然誌』(小川真/著)を刊行いたしました。

「世界中の誰よりもきのこに詳しかった"伝説のきのこ博士“の名著」
藤井一至氏(土の研究者、『土 地球最後の謎』著者)推薦!

「地上に平和をもたらしたのは、きのこだったのだ」
小倉ヒラク氏(発酵デザイナー)推薦!

樹の上でひそやかに光るきのこ、ローマ時代に起こったきのこ毒殺人事件、ナメクジとシマリスは胞子の運び屋…世界中のきのこを取り上げながら、きのこの不思議な生き方と生態系での重要な役割、きのこと人が繰り広げてきた悲喜こもごもについて語ります。著者が生涯をかけて探求し、伝え続けた菌類・きのこの不思議な魅力が詰まった一冊です。

著者の小川真氏は、森林のノーベル賞といわれる「ユフロ学術賞」を受賞した菌類の研究者であり、きのこ学の第一人者です。つくばの研究所に向かって下駄ばきで自転車をこぎ、筆をとってはニコニコときのこの絵を描き、時には人にあげて喜ばれていたというエピソードもあり、世界的な研究者であるとともにユニークな人柄が知られていました。本書は、2021年に亡くなった著者が、一般読者向けに書いた数少ないエッセイであり、著者初めての文庫化になります。

【著者略歴】
小川真(おがわ・まこと)/1937年、京都生まれ。1962年に京都大学農学部農林生物学科を卒業、1967年に同大学院博士課程を修了。1968年、農林水産省林業試験場土壌微生物研究室に勤務、森林総合研究所土壌微生物研究室長・きのこ科長、関西総合テクノス、生物環境研究所所長を歴任。農学博士。「森林のノーベル賞」と呼ばれる国際林業研究機関連合ユフロ学術賞のほか、日本林学賞、日経地球環境技術賞、愛・地球賞、日本菌学会教育文化賞受賞。2021年、没。
主な著書に、『カビ、キノコの働き』(小峰書店)、『菌を通して森を見る』(創文)、『マツタケの生物学』『マツタケの話』『きのこと植物』『カビ・キノコが語る地球の歴史』(築地書館)、『キノコの教え』(岩波書店)などがある。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

きのこの自然誌 (ヤマケイ文庫)
価格:1188円(税込、送料無料) (2022/1/20時点)

楽天で購入

 

 

書名:ヤマケイ文庫 きのこの自然誌
著者:小川真
発売日:2022年1月17日
定価:1,188円(本体1,080円+税10%)
判型:文庫判並製
https://www.yamakei.co.jp/products/2821049350.html

読み物・楽しみ

Posted by 管理