『経営者交代 ロッテ創業者はなぜ失敗したのか 【続】重光武雄論』が2月1日発売! 事業承継の“死角”から「7つの教訓」を導く

株式会社ダイヤモンド社(東京都渋谷区)は、『経営者交代 ロッテ創業者はなぜ失敗したのか 【続】重光武雄論』を2022年2月1日に発売いたします。

本書は、巨大な企業グループを日韓両国で築き上げた企業家・重光武雄氏(本名・辛格浩)の事業の継続と成功を綴った『ロッテを創った男 重光武雄論』の続編です。事業継続と同じく、経営者の重大な使命である事業承継について、ロッテ創業者の承継プランと失敗のいきさつ、そこからの教訓を紐解きます。

ロッテ創業者である重光武雄は、2人の子息に事業を引き継ぐために、30年の歳月をかけて万全の準備を整えました。ところが晩年に至り、予想外の欠陥によって全てが瓦解します。なぜ、「欠陥」を防御できなかったのかーー多くの経営者が抱える葛藤の本質がここに明かされます。ロッテと同じ轍を踏まないための「7つの教訓」をまとめた本書は、実践的かつリアルな「事業承継の教科書」です。

  • 【主な内容を紹介】重光武雄はいかに事業承継を進め、失敗したのか

[目次]
プロローグ カリスマ創業者の「蓋棺事変」
Ⅰ 資本再編
Ⅱ 対照的な2人の息子
Ⅲ 百鬼夜行の取締役会
Ⅳ 及ばなかった反撃
Ⅴ 犬猿の仲が呉越同舟へ
Ⅵ 承認欲求と失敗恐怖の呪縛
Ⅶ 事業承継への教訓
エピローグ 経営者としての願いと父としての愛情の相剋

重光武雄は、「強力なリーダーシップの根源に衆知と合意形成がある」ということを体現した偉大な経営者でした。パナソニックを創業した松下幸之助と全く同じです。しかし、強力なリーダーシップを備えたこれほどの人物であっても、事業承継という「難関」の前では無力だったのです。

経営者としての強烈な願いと父としての愛情の相剋を描くなかで浮かび上がる「WHY(なぜ失敗したのか)」は、多くの経営者にとって共感できる部分があるはず。そこから導かれる教訓は、後継指名に悩む経営者に事業承継の盲点を示唆します。また、後継候補を指導する経営幹部にとっては、事業承継の教訓を得るのみならず、マネジメントのバイブルとなる一冊です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

経営者交代 ロッテ創業者はなぜ失敗したのか [ 松崎隆司 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2022/2/3時点)

楽天で購入

 

 

【書籍情報】
『 経営者交代 ロッテ創業者はなぜ失敗したのか 【続】重光武雄論 』
著者:松崎隆司
定価:1650円(税込)
発売日:2022年2月1日
発行:ダイヤモンド社
判型:A5変並・1C・288ページ

読み物・楽しみ

Posted by 管理