子どもがスマホをいじっている姿にイライラが止まらないあなたが、すぐに始めるべきこととは?

  • 一日中スマホをいじっている子どもにイライラしていませんか?

子ども部屋をのぞくたびに、スマホの画面に釘づけになっているわが子の姿…。コロナによる休校で子どもは一日中家にこもり、親もリモートワークで在宅、そんな環境の中でますますイライラが募っている親御さんも多いことでしょう。

デジタル化する世の中で、インターネットを使いこなす能力は必須と頭でわかっていても、スマホばかりいじっている子どもを前にすると、「スマホやめなさい」「勉強はしてるの?」「もう期末テスト3日前だけど大丈夫?」「ゲームばっかり!」などと嫌味やお小言が止まらないという悩みもよく耳にします。

実際、デジタルメディアは子どもの間で急速に普及しています。インターネットの利用率は、小学生で86.3%、中学生で95.1%、高校生は99.1%(令和元年度 内閣府調査より)。中高生でインターネットを使っていない子どもはほぼいないと考えていいでしょう。また、初めてスマホを持つ時期は、中学入学前の冬から春、スマホ各社がキャンペーンを打ち出す2〜3月がもっとも多いのだそう。中学受験合格のごほうびに買い与えたものの、一日中スマホにかじりついている姿に不安になった、という親御さんの声が聞こえてくるのも毎年この時期です。

子どものスマホにイライラしている親がいる一方で、今回の感染拡大による急な休校でも、スムーズにオンライン授業が始まって助かったとの声もあがっています。今年の私立中学入試の志望者が増加しているのも、昨年のコロナ禍で私立の中学校が迅速にオンラインの環境を整えたから、との報道もありました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

子どものスマホ問題はルール決めで解決します [ 石田勝紀 ]
価格:1496円(税込、送料無料) (2022/2/12時点)

楽天で購入

 

 

  • “家庭内スマホルール”の決め方が鍵を握っている

本書『子どものスマホ問題はルール決めで解決します』の著者で、教育デザインラボ代表理事の石田勝紀さんは、「保護者の方からの相談で圧倒的に多いのは“うちの子、勉強しないんです”というものですが、その背景に“スマホとゲーム”がほぼまちがいなくからんでいます」と話します。そして、その相談件数は年々、増加する一方なのだとか。

「もちろん、スマホ漬け、ゲーム漬けはよくありませんが、子どもたちの学力をみてみると、スマホが誕生する前からそんなに変わっていないんです。悩みの本質は、スマホやゲームそのものではなく、“スマホをやっているから勉強しないのでは?”“ゲーム漬けだと脳がおかしくなるのでは?”などという親側の考え方や捉え方の問題というケースも多くあります」(石田さん)。

また、石田さんが常々感じているのは「家庭内のスマホ使用ルールの決め方がかなり甘い」ということだそう。「使用は22時までと決めたのに、“今、ゲームで友だちとオンライン中だから”と子どもに言われてズルズル延長してしまったり。そんなことを繰り返していると、ルールはなし崩し的に守られなくなり、親のイライラの原因になるのです」。

そこで本書では、石田さん流のスマホルール決めのノウハウを詳しく紹介しています。さらに、スマホを持たせるタイミングのアドバイスや、ゲームとの付き合い方、SNSトラブルの対処の仕方まで、子どもとスマホの関わりの中で起こりうるさまざまな親御さんの悩みにアドバイスしています。

書名:子どものスマホ問題はルール決めで解決します
定価:1496円(税込)
仕様:四六判 224ページ
発売日:2022年2月24日(木)

読み物・楽しみ

Posted by 管理