世界的アニメーション評論の権威チャールズ・ソロモンによる、細田守監督作品の魅力をひもとく初の著書『THE MAN WHO LEAPT THROUGH FILM 細田守の芸術世界』が7月発売!

グラフィック社は、ディズニー作品に関する著書などで知られるアニメーション評論家 チャールズ・ソロモンによる細田守監督の作品集『THE MAN WHO LEAPT THROUGH FILM』(出版社:Abrams)の翻訳版、書籍『THE MAN WHO LEAPT THROUGH FILM 細田守の芸術世界』を、2022年7月に発売いたします。

『時をかける少女』(2006)で海外の映画祭でも高く評価され、最新作『竜とそばかすの姫』(2021)では第74回カンヌ国際映画祭カンヌ・プルミエール部門に選出されるなど、国際的に活躍する映画監督・細田守。

本書では、映像美で魅了するファンタジックな世界観ながら、心を打つ現実社会を描くその作品世界の真髄に迫ります。国際的アニメーション評論家 チャールズ・ソロモンは、細田守を世界のどこに位置づけるのか。世界のアニメーション史に、細田守とその作品群、制作拠点であるスタジオ地図とは何ものなのかを、初めて体系づけます。

  • 細田守の作品世界をあますことなく掲載!

本書では、細田守の映画監督デビュー作品となる『劇場版デジモンアドベンチャー』を始めとする初期作品から、新時代の監督として世に名を知らしめた『時をかける少女』、『サマーウォーズ』『おおかみこどもの雨と雪』『バケモノの子』『未来のミライ』、そして最新作『竜とそばかすの姫』まで、監督作品をめぐる数百点におよぶスケッチ、絵コンテ、背景画、キャラクターデザインを紹介。作品世界の秘密と魅力を深掘りする、細田作品ファン垂涎の一冊です。

序文 ドン・ハーン
1. はじまり
2. 時をかける少女
3. サマーウォーズ
4. おおかみこどもの雨と雪
5. バケモノの子
6. 未来のミライ
7. 竜とそばかすの姫

細田 守(ほそだ・まもる)
1967年生まれ、富山県出身。『劇場版デジモンアドベンチャー』(1999)で映画監督デビュー。以後、『時をかける少女』(2006)、『サマーウォーズ』(2009)を監督。2011年には自身のアニメーション映画制作会社「スタジオ地図」を設立し、『おおかみこどもの雨と雪』(2012) 、『バケモノの子』(2015)で監督・脚本・原作を手がける。2018年には『未来のミライ』(監督・脚本・原作)を発表し、第71回カンヌ国際映画祭・監督週間に選出。また、第91回米国アカデミー賞の長編アニメーション映画賞、第76回ゴールデングローブ賞のアニメーション映画賞にもノミネートされたほか、第46回アニー賞では最優秀インディペンデント・アニメーション映画賞を受賞するなど海外からも高い評価を得る。2021年には最新作『竜とそばかすの姫』を発表。第74回カンヌ国際映画祭「カンヌ・プルミエール部門」 に選出された。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

THE MAN WHO LEAPT THROUGH FILM 細田守の芸術世界 [ チャールズ・ソロモン ]
価格:3850円(税込、送料無料) (2022/6/7時点)

楽天で購入

 

 

書名:THE MAN WHO LEAPT THROUGH FILM 細田守の芸術世界
著者:チャールズ・ソロモン
協力:スタジオ地図
発売日:2022年7月
仕様:A4変形 並製 総272頁
定価:3,850円(10%税込)
ISBN:978-4-7661-3633-3
http://www.graphicsha.co.jp/news_detail.html?p=47612

読み物・楽しみ

Posted by 管理