『独占告白 渡辺恒雄』1月17日発売決定!「最後の証人」が語る戦後日本の内幕。 NHKスペシャル、待望の書籍化!

株式会社新潮社は、読売新聞グループ代表取締役主筆である渡辺恒雄氏へのロングインタビューを元にしたノンフィクション『独占告白 渡辺恒雄~戦後政治はこうして作られた~』を、2023年1月17日(火)に発売します。

<今作の内容と読みどころ>

  • テレビ未収録発言も含め、大幅加筆。

本書は、BS1スペシャル『独占告白 渡辺恒雄~戦後政治はこうして作られた~ 昭和編』(2020年3月7日放送)と、NHKスペシャル『渡辺恒雄 戦争と政治~戦後日本の自画像~』(2020年8月9日放送)を元に、両番組をディレクターとして制作したNHKの安井浩一郎氏が書き下ろしたノンフィクションです。番組内では放送しきれなかった渡辺氏の発言を多数収録したほか、新資料や時代状況の描写を新たに記載し、識者・関係者への追加取材を敢行。戦後政治の「最後の目撃者」による貴重な証言を余すところなく盛り込んだ決定版です。

  •  赤裸々に語られる戦後日本の内幕。

本書では、渡辺氏自身が目撃し、時には自らが関与した政局や外交の裏側が赤裸々に語られています。岸信介政権期、渡辺氏は将来の首相就任の順番を記した「総理大臣禅譲密約書」の存在を突き止め、自ら写真に収めます。ところが、いざ自民党総裁選が行われると、岸首相はその密約を反故にしました。永田町の権謀術数を目の当たりにした渡辺氏は、政治の現実について、「だましてだまされての世界、だまされる方が悪い」と語ります。また、日韓国交正常化交渉に際しては、自ら韓国の要人と水面下で交渉を行い、自民党副総裁・大野伴睦の訪朝をお膳立てしました。今回のインタビューの中で、自ら政治にかかわる行為は記者としての一線を超えているのではないかと問われると、「お互いの国益にプラスなんだ」「外務省がやらないんだから俺らがやってやるということだ」と語っています。

  • 間近で見た歴代首相の素顔。

本書には、渡辺氏が目にした歴代首相の素顔が語られています。憲法改正を悲願にしながらも支持を得られなかった岸信介と国民の距離感、前任首相・池田勇人への対抗心も相まって沖縄返還を旗印にした佐藤栄作の執念、強烈な個性と政治手法ゆえに金脈問題で失脚した田中角栄の功罪、そして首相就任まで二人三脚で歩んだ中曽根康弘との友情――。権力の中枢を間近で見続けた渡辺氏だからこそ語れる言葉からは、歴代宰相たちの生身の人間としての息づかいが立ち上ってきます。

  • すべての原点は戦争体験。反戦の思い。

日本を代表する保守論客とされる渡辺氏ですが、本書では、自身の原点が戦争体験にあったことを繰り返し語っています。19歳の時、学徒出陣で徴兵され、軍隊の理不尽と暴力に直面して戦争を憎み、現在にいたるまで「反戦」の思いを持ち続けてきました。ともすると、「タカ派」であるかのようにとらえられがちな渡辺氏ですが、若い世代に「戦争を知らせないといかん」と語る姿は、戦争を知る最後の世代としての切実さに満ちています。そして、国民の大多数が戦争を知らない現代日本に向けての警鐘ともなっています。

■著者プロフィール:安井 浩一郎(やすい・こういちろう)
NHK報道局政経・国際番組部 政治番組チーフ・プロデューサー。1980年埼玉県生まれ。2004年早稲田大学政治経済学部政治学科卒業後、NHK入局。仙台局報道番組、報道局政治番組、報道局社会番組部、放送総局大型企画開発センターのディレクターを経て、2020年より現所属。戦後史や政治分野を中心に、主にNHKスペシャルなどの報道番組を制作。著書に『吉田茂と岸信介 自民党・保守二大潮流の系譜』、共著に『ウイルス大感染時代』『憲法と日本人 1949-64年 改憲をめぐる「15年」の攻防』。2022年度の拓殖大学客員教授も務める。

■内容紹介
歴代総理の素顔、日本外交の裏側、政治家たちの密約と裏切り。この国は敗戦から何を学び、どう歩んだのか。権力の中枢を目の当たりにした「最後の証人」が語る戦後日本の内幕とは。NHKスペシャル、待望の書籍化!

 

【タイトル】独占告白 渡辺恒雄~戦後政治はこうして作られた~
【著者名】安井浩一郎(NHKチーフ・プロデューサー)
【判型】四六判(336ページ)
【定価】1,980円(税込)
【発売日】2023年1月17日
【ISBN】978-4-10-354881-2
【URL】https://www.shinchosha.co.jp/book/354881/

読み物・楽しみ

Posted by 管理