「なんとなく不調」をそのままにしない!漢方の知恵で季節ごとのセルフケアを 書籍『心も体もととのう漢方の暮らし365日』発売

株式会社自由国民社(東京・豊島区、代表取締役社長・石井悟)は、2021年9月28日に書籍『心も体もととのう漢方の暮らし365日』を刊行しました。

「なんとなく体調が悪い」「季節の変わり目は不調に」「天候に健康状態が左右される」等……。慢性的な「心身の不調」にお悩みを抱えている方も多いのではないでしょうか。

  • 季節ごとの漢方の知恵を365日分掲載!400ページオールカラーの令和の養生大全

本書は、中医学、薬膳の知識をベースに、季節に必要なすごし方、食べ物を紹介した一冊。生活に気軽にとり入れられる「ちょい足し漢方」として、免疫力を上げ、不調を改善することに役立つ知恵をお教えします。

1日1ページ、365日分の漢方の知恵を紹介

1日1ページ、365日分の漢方の知恵を紹介

著者は漢方薬局を45年経営、西洋医学の薬剤師の資格ももつ中医学のエキスパート。健康に暮らす知恵を1日1ページずつ、季節に沿って365日分、全ページオールカラーのイラストとともにご紹介していきます。

  • 秋の不調に効く「ちょい足し漢方」は「辛味」と「酸味」?――書籍の中身を少しだけ紹介!

漢方の考え方では、食べ物には季節ごとに健康に良いとされる「色」と「味」があると言われています。

 

健康に暮らすために摂りたい食べ物の「色」と「味」は?季節ごとに紹介

健康に暮らすために摂りたい食べ物の「色」と「味」は?季節ごとに紹介

」に摂りたい食べ物は「大根」や「生姜」等の「白いもの」と「辛い味」。五臓六腑のうち「肺」の働きをよくして秋の不調に備えることができます。ただし、「辛い食べ物」を摂りすぎると「肝」の機能を損なうことがあるため、「酸味」のある「梅干し」や「酢の物」「酸味のある果物」等を摂取して「肝」の働きもよくする必要があります。

ちなみに、「五臓六腑」の考え方は西洋医学とは異なり、「陰陽五行説」が基本理論になっています。「肝」「心」「脾」「肺」「腎」と表される五臓は西洋医学でいう「肝臓」「心臓」「脾臓」「肺」「腎臓」ではなく、役割分担を持った組織のこと。書籍の中では、このような漢方の基本の考え方についても解説しています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

心も体もととのう 漢方の暮らし365日 [ 川手 鮎子 ]
価格:1980円(税込、送料無料) (2021/9/30時点)

楽天で購入

 

 

書名:『心も体もととのう漢方の暮らし365日』
著者:川手鮎子
定価:1,980円(10%税込)
判型:A5変形判
頁数:400頁
ISBN:978-4-426-12733-6
発行日:2021年9月28日

【著者】
川手 鮎子(かわて・あゆこ)
漢方薬局を45年経営、西洋医学の薬剤師の資格ももつ中医学のエキスパート。薬剤師・国際中医師(世界中医薬学会連合会認定)・生活習慣病指導士(日本ホリスティック医学協会認定)。昭和17年生まれ。東京理科大学薬学部卒業後、製薬会社開発部に勤務。昭和48年エーケー有馬薬局を開設し、その後45年間漢方相談等に従事。国際中医師の資格も取得し、ホリスティック医学協会に所属して呼吸法やアロマ、カウンセリングなど、多くの代替療法も学んだ経験をふまえ、和洋両面から心身の不調を解消する。地域への貢献も長く、主な受賞歴に、神奈川県保険功労賞受賞、川崎市保険功労賞受賞、学校薬剤師30年勤務表彰等がある。

読み物・楽しみ

Posted by 管理