「今年も推し!ます」こわい絵本『あっちがわ』。中野でひんやり、原画展示なども開催!

広島県出身の作家・イシズマサシさんが描いたこわい絵本『あっちがわ』は、2019年に岩崎書店より発売されました。

2021年の夏、明屋書店中野ブロードウェイ店の壁面ギャラリーにて、『あっちがわ』原画展示及び同店だけの特製カバー付き書籍販売他、店内スタンプラリー(参加者には、特製ポストカードプレゼント)を開催します。

【開催期間】2021年7月30日(金)〜8月31日(火)まで
【場  所】明屋書店中野ブロードウェイ店
〒164-0001 東京都中野区中野5丁目52-15
【Twitter】https://twitter.com/haruya_nakano

<同時開催>
明屋書店 掛川西郷店
〒436-0342 静岡県掛川市上西郷508-1
【Twitter】https://twitter.com/haruya_kakegawar

◇コメント

  • 『あっちがわ』はじめましての方に、衝撃を与えたいです!(明屋書店 西郷掛川店 店長 櫛田良一)
  • イシズマサシさんの『あっちがわ』を読んでいると、「こんな体験、自分も子どもの頃にしなかったっけ?」という気持ちになる。いやいや、自転車にまたがる影も、緑色の消防車も、これまで一度も見たことはないはず。でもどうしてだろう。自分はこの景色をたしかに知っている…。そのことがすごく怖い。怖いからまた、読み返してしまう。(怪奇幻想ライター・書評家 朝宮運河)
  • 「あっちがわ」が刊行されて2年。もうひとつの世界なんて絵本だけの世界、と思っていたけれど、いまや私たちが「あっちがわ」に迷い込んでしまったかのよう。そうです、いつの世でも「あっちがわ」はすぐそばにあるのです。2021年夏、もっと身近に感じる(?)「あっちがわ」をぜひ楽しんでください。(岩崎書店『あっちがわ』編集 堀内日出登巳)

◇YouTube「タカラトミーチャンネル」でも『あっちがわ』コラボ動画配信中!

◇絵本『あっちがわ』内容紹介
この世のものとは思えない15のこわい話。「こわすぎる!」と、一度は見送られた本作。
一話見開きで展開するたたみかける恐怖。決してひとりでは読ませないでください。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

あっちがわ [ イシズ マサシ ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/7/29時点)

楽天で購入

 

 

書 名:あっちがわ
作・絵:イシズマサシ
定 価:1,540円(本体1,400円+税)
体 裁:A4変型/32ページ/ハードカバー
ISBN:978-4-265-08162-2
発売日:2019年6月11日
https://www.iwasakishoten.co.jp/book/b451930.html

読み物・楽しみ

Posted by 管理