ビジネス書では異例の発売1か月で9刷、10万部突破!創刊42年の月刊誌『致知』の1年半がかりの渾身作  コロナ禍、心を熱くする本で日本に活力を

「書籍の時代が終わった」とも言われるこの時代に、420ページ、2500円を超える本が大きな反響を呼んでいます。株式会社致知出版社(本社:東京都渋谷区/代表:藤尾秀昭)は、『1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書』を11月30日に上梓しました。

本書は、人がいかに生きるべきかを42年間追求し、のべ1万本以上の取材を行ってきた会員制月刊誌『致知』と刊行書籍の中から、心に刺さる話を選び抜いてまとめた1冊です。

「後世に残る言葉を、書籍として世に出したい」「『この雑誌だけは読み捨てられない…』と『致知』のバックナンバーを大切に保管している読者の喜ぶ本をつくりたい」という思いから担当編集者が発案し、編集長をはじめ編集部全員が総力をあげて、心に残る記事を精選。

稲盛和夫氏、王貞治氏、山中伸弥氏など、各界で活躍する人物の逸話を一日一話形式で読むことができるようまとめあげ、じつに1年半かけて完成を迎えました。

●発売前にアマゾンで総合1位!発売1か月で10万部突破!主要書店で完売店が相次ぐ

ビジネス書は1500円強のものでも1ヵ月で5000部売れれば好調と言われる昨今ですが、つくり手の熱い思いが伝わり、本書は予約受付の段階でアマゾンの総合1位を獲得。発売わずか1か月で10万部を突破するベストセラーとなりました。丸善丸の内本店では、篠田晃典店長が原稿を目にして200冊の先行販売を即決。わずか10日間で200冊に迫る冊数を販売し、ビジネスジャンルで2位を獲得。国内の主要書店でも続々と1〜5位にランクインし、完売と追加注文を毎日いただいている状況です。

仕事術のみならず、各界第一人者一人ひとりの深い人生経験に根ざした生き方の哲学が味わえるのも本書の魅力。
文字が大きく200ページ足らずの安価な書籍が主流であるなか、つくり手も予測していなかったほど、全国の書店の売り場から喜びの声をいただいています。

コロナ禍にこそ求められる「本物の感動」「本物の学び」
424頁という分厚さに加え、定価も2500円超と、決して安価とはいえない書籍が、なぜこれほどまでに反響を呼んでいるのか。
人が真に学ぼうとするとき、向かうのは「本」ではないかと私たちは考えています。本書の制作ストーリーや裏話をはじめ、「本」という媒体に秘められた力や可能性について、ぜひ取り上げていただけたらと思います。
コロナ禍のいまだからこそ、人々の心を熱くする、本物の感動、本物の学びこそが、日本に大きな活力を与えるものと信じています。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書 [ 藤尾秀昭 ]
価格:2585円(税込、送料無料) (2021/1/21時点)

楽天で購入

 

 

書名:「1日1話、読めば心が熱くなる365人の仕事の教科書」
監修:藤尾秀昭(ふじお ひであき)
定価:2,350円(+税)
発売日:11月30日(月)
出版社:致知出版社
ページ数:424ページ

読み物

Posted by 管理