社長三宅卓書籍『会社を“守る”M&A、“伸ばす”M&A』11月1日(月)発売!すべての企業にとってM&Aは、変化の時代を生き抜くために必須の手法となる

株式会社日本M&Aセンター(以下、日本M&Aセンター / 本社:東京都千代田区 / 代表取締役社長:三宅 卓 / URL:https://www.nihon-ma.co.jp/)は、代表取締役社長 三宅卓の書籍『会社を“守る”M&A、“伸ばす”M&A』を日経BP 日本経済新聞出版本部より2021年11月1日(月)に全国の書店にて発売いたします。

すべての企業にとってM&Aは、変化の時代を生き抜くために必須の手法となる
2020年の休廃業・解散件数は4万9608社と、前年比で14・6%も増えています。しかも、そのうち6割の会社が黒字の休廃業です(東京商工リサーチ調べ)。その背景にあるのが、日本が抱える急激な人口減少と高齢化。その影響は、「後継者不在」の増加にもつながっています。企業全体の65.1%が後継者不在という課題を抱えているのです。今、こうした課題を解決し、生き残りと成長の手段として「M&A」を選択する企業が増えています。

日本M&Aセンターは、M&A仲介業のリーディングカンパニーとして、これまで累計6,500件を超える中堅・中小企業の友好的M&Aを支援してきました。本書では、実際の案件をもとに、陥りやすい誤解や注意点などを解説しながら、M&Aとは何かを丁寧に紐解きました。30年の知恵とノウハウを詰め込んだ1冊です。M&Aを駆使して企業が生き残り成長していく、「ニッポン総M&A時代の羅針盤」として本書をご活用いただければ幸いです。

書籍紹介
会社を売りたい人にも買いたい人にも読んでほしい、30年のノウハウを詰め込んだ1冊

中堅・中小企業M&Aを支援して30年、業界のリーディングカンパニーとしてM&Aを知り尽くした社長・三宅によるM&A入門の決定版。30年という年月は、経営者のM&Aに対する意識も変えました。今や経営者は、景気の荒波を乗り越える武器に、M&Aを利用しようとしています。

見所は、実名で6つの事例を掲載した第2章。「継ぐ人がいない」「成長したいけどできない」「先行き不安」など、経営者の誰もが抱える悩みをM&Aでどう解決したか、ストーリー仕立てで綴っています。第3章では、M&Aの流れについてポイントを絞って紹介。起こりうるトラブルや注意点を、30年の実績から生み出されるリアルなアドバイスと共にまとめた、初心者必見のパートです。M&Aを考えたことのない経営者、M&Aに抵抗感をもつ経営者にこそ読んでもらいたい1冊です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

会社を“守る”M&A、“伸ばす”M&A [ 三宅 卓 ]
価格:1650円(税込、送料無料) (2021/11/3時点)

楽天で購入

 

 

『会社を“守る”M&A、“伸ばす”M&A』

著者:日本M&Aセンター 代表取締役社長 三宅卓
出版社:日経BP 日本経済新聞出版本部
定価:本体1,650円(本体1,500円+税10%)
発売日:2021年11月1日(月)

詳細はこちら
https://www.nihon-ma.co.jp/groups/publication/978-4532324391.html

読み物・楽しみ

Posted by 管理