東京2020パラリンピック旗手&トライアスロン日本代表 谷真海の挑戦記録『パラアスリート谷真海 切り拓くチカラ』(集英社刊)が発売。 「スポーツの力」を信じて挑戦し続ける、義足アスリートから未来へのメッセージ!

コロナ禍、開催延期…幾多の困難を乗り越え、東京パラリンピック出場までの激闘の2年半に密着取材。
その生きざまを、本人の強い言葉と、貴重な撮り下ろし写真で解き明かす。多様性のある共生社会実現に向けて、私たちみんながなすべきことは?これからの時代を生きるヒントが詰まった、必読のノンフィクション!

大学時代に骨肉腫によって右足膝下を切断、その逆境を力に変えて、走幅跳でアテネ、北京、ロンドンのパラリンピック3大会に出場し、2013年には東京オリンピック・パラリンピック招致プレゼンテーションでの名スピーチによって一躍パラリンピアンを象徴する存在となった佐藤真海さん(当時)。その後、結婚&出産を経て、競技も走幅跳からトライアスロンに代えて、彼女は谷真海として再び夢の舞台をめざします。
自らの障がいクラスのパラリンピック除外、新型コロナによる開催延期……難局続きの東京2020パラリンピック挑戦を約2年半にわたって密着取材。谷さんが様々な困難や葛藤を乗り越えてきた過程を、レース本番や家族とのプライベートなど豊富な撮り下ろし写真とともに記録した珠玉のドキュメンタリーです。
谷さんの初著書「ラッキーガール」(集英社刊)から17年。その続編ともいえる本作は、東京パラリンピックで終わりじゃない「ダイバーシティ&インクルージョン」の実現に向け考え、アクションを起こすきっかけとなる1冊です。
 「苦しい思いもたくさんしましたけれど、それを乗り越えた自信が次の人生に繫がっていく。スポーツに限らず人生というのは日々そういうことの連続だと思いますが、私はそれをパラリンピックという究極の場所で感じることができた。そういう意味でも、やっぱりラッキーだなって思います」(谷真海)

  • 目次

はじめに
序章   東京2020パラリンピック
第1章  原点 -義足のアスリートになる-
第2章  転機 -東日本大震災を経て-
第3章  新たな挑戦 -招致スピーチ、そしてトライアスロンへ-
第4章  逆境 -障がいクラスのパラリンピック除外-
第5章  悔し涙の先に -ローザンヌでの出来事-
第6章  回想 -命の尊さを胸に-
第7章  空白、そしてリスタート –パンデミックとの闘い-
第8章  証言 -パラスポーツと社会の懸け橋に-
第9章  決意 -「スポーツの力」を信じて-
第10章  東京2020パラリンピックを終えて  -限界を超えた先に見えたもの-
あとがき
最後に 谷 真海

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パラアスリート谷真海 切り拓くチカラ [ 徳原 海 ]
価格:1760円(税込、送料無料) (2021/12/15時点)

楽天で購入

 

 

作品名:『パラアスリート谷真海 切り拓くチカラ』
編/著:徳原 海
発売日:2021年12月15日(水)発売
定価:1,760円(税込10%)
ページ数:128P
体裁:A5判
ISBN978-4-08-790067-5
集英社刊

読み物・楽しみ

Posted by 管理