愛着障害かもしれないあなたへ。読むセラピー『「親しい関係からなぜか離れたい」がなくなる本』発売

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(本社:東京都千代田区、取締役社長:谷口奈緒美)は2021年12月23日に『「親しい関係からなぜか離れたい」がなくなる本 喪失や悲しみから心を守る「自己防衛の戦略」の功罪』(イルセ・サン 著、枇谷玲子 訳)を刊行しました。

  • 「愛着障害」かもしれない、繊細な人のための原因と対策

人間関係において、こんな経験はありませんか?

・いつも冷淡な相手を選んでしまう
・手の届かない人ばかり好きになる
・完璧な相手を待ち続ける
・恋人がいる相手を好きになる
・相手の欠点にばかりに目が向く
・子どもをかわいいと思えない

心の奥底では愛情に満ちた関係を築きたいのに、無意識に相手から遠ざかるような言動をとる人たちがいます。
関係が壊れて相手を失ったり、自分が傷つくことを恐れたりするあまり、最初から関係が深まらないようにしてしまうのです。

気付かないうちに他者との距離を置いてしまうのはなぜなのか、そして、そこから抜け出すための方法をデンマークの人気心理療法士イルセ・サンが解説します。

  • 自己防衛の戦略

著者は、最初から関係が深まらないようにしてしまうことを「自己防衛の戦略」と呼びます。
幼い頃に、親から十分に愛情を受けなかったことが原因で自己防衛の戦略は生まれます。
それは、自分の感情や他者との関係から距離を置き、自分が傷つかないようにするためです。

大人になって心が強くなり、もう自己防衛は不要になっているのに自動的に戦略が作動し、他者と離れようとしてしまうのです。

本書では、自己防衛の戦略について、豊富な事例とともに丁寧に解説していきます。
人間関係に悩む人にとって、心が軽くなる一冊になるはずです。

  • ベストセラー著者の第2弾書籍を新書化

本書は、『心がつながるのが怖い 愛と自己防衛』を新書判にしたものです。
著者のイルセ・サンは『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』『敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント』『思い出すと心がざわつく こわれた関係のなおし方』(すべて小社刊)などのベストセラーを著作に持つ、デンマークの心理療法士。
どの書籍も、読むだけで心が癒される「読むセラピー」として定評があります。

  • 書籍概要

​【目次】
はじめに
プロローグ
第1章 自己防衛の戦略とはどのようなものか
第2章 自己防衛の戦略を無意識にとるとき、問題が起こる
第3章 喪失の悲しみを恐れて愛に満ちた関係を避ける人たち
第4章 愛情に満ちた人生への扉を閉ざしてしまう不幸なパターン
第5章 親を理想化することの危険
第6章 感情を完全に意識する
第7章 不適切な自己防衛の戦略をとり除く
第8章 本来の自分に戻る
参考文献
謝辞

【著者情報】
著者 イルセ・サン Ilse Sand
心理療法士。デンマークのオーフス大学で神学を学び、C・G・ユングとキルケゴールに関する修士論文を執筆。また、いくつかの心理療法的アプローチの訓練を受けており、デンマークの心理療法協会の会員でもある。数年間、デンマーク国教会の教区司祭を務め、現在はスーパーバイザー、トレーナー、講演者、セラピストとして活動している。主な著書に、『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』『敏感な人や内向的な人がラクに生きるヒント』『思い出すと心がざわつく こわれた関係のなおし方』(すべてディスカヴァー)などがある。

訳者 枇谷玲子(ひだにれいこ)
1980年、富山県生まれ。2003年、デンマーク教育大学児童文学センターに留学(学位未取得)。2005年、大阪外国語大学卒業。北欧の書籍の翻訳紹介に注力している。主な訳書に『キュッパのはくぶつかん』(オーシル・カンスタ・ヨンセン作、福音館書店)、『鈍感な世界に生きる敏感な人たち』 (イルセ・サン著、ディスカヴァー)、『北欧に学ぶ小さなフェミニストの本』(サッサ・ブーレグレーン著、岩崎書店)などがある。

 

タイトル:『「親しい関係からなぜか離れたい」がなくなる本 喪失や悲しみから心を守る「自己防衛の戦略」の功罪』
発売日:2021年12月23日
刊行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
仕様:新書判/168ページ
ISBN:978-4-7993-2813-2
定価:1210円(税込)

読み物・楽しみ

Posted by 管理