フランス63万部!キリスト教、仏教、イスラム教、ヒンドゥー教、西洋哲学など…人類の叡智がひとつになる「不滅の名著」ついに日本上陸 人生を変える「究極の智恵」の物語

株式会社飛鳥新社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:大山邦興)は書籍『世界の終わり 賢者たちの遺言(メッセージ)』を1月25日に発売しました。「私たちはどう生きれば幸せになれるのか?」という問いへの答えを、哲学者で宗教史家のフレデリック・ルノワール(Frédéric Lenoir)氏がやさしい物語で伝えるフランス63万部のロング・ベストセラーです。諸宗教の融和や統合、そしてパンデミックを含む大災害など、今日的なテーマに扱っていることからフランスでも改めて注目を集めています。

●あらすじ
不思議な力によって、世界を代表する八人の賢者たちがチベットへ集められた。”世界の終わり”と”宗教の終焉”が予言され、賢者たちは、文化や宗教を超えた「七つの智恵の鍵」を少年と少女に授ける。そして予言は現実となり……?

●本書に登場する八人の賢者たち
・ユダヤ教のラビ サロモン
・モンゴルのシャーマン アンシャ
・キリスト教の神父 ペドロ
・ヒンドゥー教の神秘家 マー・アーナンダ
・道教の道士 コン師
・イスラーム神秘主義者 シェク・ユスフ
・ヨーロッパの哲学者 ガブリエル
・チベット仏教の高僧 ラマ・ドルジェ

●賢者たちによる七日間のレッスン(七つの智恵)
一日目 人生の意味「港と泉」
二日目 肉体と心と魂「気高い馬車」
三日目 真の自由「自分の内面を掘り下げる」
四日目 愛「心を開いて」
五日目 育てるべき美徳と取り除くべき毒「魂の庭」
六日目 生きる智恵「いま、この瞬間」
七日目 あるがままを受け入れる「幸福も不幸もあなたのなかに」

●著者プロフィール
フレデリック・ルノワール(Frédéric Lenoir)
哲学者、作家、宗教史家、宗教ジャーナリスト。スイスのフリブール大学で哲学を学び、フランス国立社会科学高等研究院で客員研究員を務めた後、ル・モンド紙が発行する『宗教の世界』誌の編集長に就任。邦訳作品に『ソクラテス・イエス・ブッダ――三賢人の言葉、そして生涯』(柏書房)、『哲学のやさしく正しい使い方――叡智への道』(中央公論新社)など。2012年に発行された『L’âme du monde(世界の魂)』はフランスで63万部の大ベストセラーとなり、本書『世界の終わり 賢者たちの遺言(メッセージ)』として邦訳出版された。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

世界の終わり 賢者たちの遺言 [ フレデリック・ルノワール ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2022/1/28時点)

楽天で購入

 

 

●書誌情報
『世界の終わり 賢者たちの遺言(メッセージ) 』
フレデリック・ルノワール[著] 河野彩[訳]
定価1540円(本体1400円+税)
刊行日 2022年01月25日

読み物・楽しみ

Posted by 管理