10月14日は鉄道開業150周年! 書籍『知られざる国鉄遺産“エキナカ” もう一つの鉄道150年』発売

国鉄の115年とJRの35年は翻弄された歴史だった―。
日刊工業新聞社(代表取締役社長:井水治博 本社:東京都中央区)は、書籍『知られざる国鉄遺産“エキナカ” もう一つの鉄道150年』を10月14日に発売しました。

2022年10月14日、日本における鉄道開業150年を迎えました。国鉄からJRに駆け抜けた時代、改めて振り返る機会として本書にご注目ください。

  • 国鉄時代の115年という歴史を振り返り、JRの35年を経営的視点から検証

国鉄の長い歴史の中で、最大のエポックメーキングとなったのが国鉄分割民営化(1987年4月1日)で、JR発足は鉄道開業から培ってきた「国鉄史観」「鉄道至上主義」からの決別でもありました。発足以降、各社独自のビジネスモデルを築いてきましたが、コロナ禍で、改革を成功に導いたはずのJR本州3社(JR東日本、東海、西日本)でも2年連続の赤字経営を余儀なくされています。
次の100年を模索する中で、「鉄道大国・日本」構築の裏方的存在だったエキナカ企業という「国鉄遺産」を改めて検証します。

  • 民営化を迎えた当時の新聞記者だから知っている事実

37年間、国鉄改革をウォッチしてきた著者が、JTB、鉄道弘済会、日本通運、日本テレコム、日本食堂など、エキナカから誕生した「エキナカ企業」という視点から、鉄道150年を振り返ります。
また、エキナカを代表する「駅弁」にもクローズアップし、日本の文化として解説します。

■「エキナカ」とは
駅長管理下の駅改札口内外を狭義のエキナカとするが、広義のエキナカとしては、1954年国鉄「構内営業規則」改正で認知された駅長管理の及ばない駅ビル、ホテルなどの「構内公衆施設」をも含める。

  • 目次(一部抜粋)

<第1部 国鉄の115年とJRの35年>
第1章 国鉄遺産 駅空間
国の重要文化財「東京駅」保存・復原のアナザーストーリー
中曽根「民活」の秘策「国鉄用地」から「明治神宮外苑再開発」まで
容積率2000%時代を予見した三菱地所「マンハッタン計画」
第2章 国鉄分割民営化の衝撃 ―エキナカ巨人の解体―
エキナカからの追放、日本交通公社(JTB)
エキナカの巨人、鉄道弘済会(キヨスク)の解体
国鉄分割民営化が招いた日本テレコムの悲劇
第3章 国鉄改革をエキナカから考える
国鉄危機は「国家の危機」
「国難」は脱却したが、「鉄道再生」は道半ば
エキソトに活路を見出したJR九州の上場
第4章 エキナカから見る「国鉄一家」の功罪
小岩井農場を創設した「鉄道の父」井上勝の経営センス
後藤新平「大家族主義」のDNA 制服から国鉄スワローズまで
日本通運設立の陰の主役は鉄道弘済会「生みの親」片岡謌郎

<第2部 知られざる駅弁文化>
第5章 エキナカ絶滅危惧種「駅弁」の危機
鉄道有事の炊き出し使命
国鉄エキナカの生き残り団体「日本鉄道構内営業中央会」
消費期限神話の教訓「河村弁当部」(山形県酒田駅)事件と伊勢名物「赤福」
第6章 駅弁は日本が誇る文化遺産
駅弁は日本の旅食文化の縮図
駅弁はコメ文化の象徴
ユネスコ無形文化遺産「和食」の先兵

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

知られざる国鉄遺産”エキナカ”-もう一つの鉄道150年ー [ 高木 豊 ]
価格:2970円(税込、送料無料) (2022/10/16時点)

楽天で購入

 

 

定価:(本体2,700円+税)
仕様:A5判、並製、300頁
ISBN:978-4-526-08234-4
発行:日刊工業新聞社
発行日:2022年10月14日

読み物・楽しみ

Posted by 管理