あらゆる仕事に応用可能、今すぐできる実践の書【書籍発売『「丁寧」なのに仕事が速い人のヒミツ』】

株式会社海竜社は、ピアノ運送で日本一の実績を誇る会社の仕事術を取り上げた書籍『「丁寧」なのに仕事が速い人のヒミツ』(池田輝男 著)を1月27日に発売しました。

◆すべての仕事のベースにある「丁寧」
著者の池田輝男(いけだてるお)さんは、池田ピアノ運送株式会社の代表取締役社長を務めています。取り扱うものはピアノばかりでなく、大型家電、フィットネス器具、OA機器、通信設備機器、音響製品、印刷機器など大型精密機械全般に渡ります。
会社の顧客アンケートは、白紙でFAX送付とハードルがありながら、提出率は高く、約6割が「仕事が丁寧」、約4割が「迅速」と回答を得ています。なぜこれだけ高い評価を受けるのか。その理由となるキーワードこそ「丁寧」です。そこには時間をかける「ただ丁寧なだけ」ではない、スピード感が求められます。

◆「丁寧」さは技術ばかりではない
「丁寧」かつ「迅速」を実現するための仕事術を、池田ピアノはどのように実践しているのでしょうか。本書では多くの具体例が取り上げられていますが、その一部を紹介しましょう。
・ピアノ本体は手の甲でチェック(指紋や皮脂を付けないのはもとより、手の甲は指や手のひらより敏感なため)
・ピアノはすり足で運ぶ(伝統芸能の能のイメージ)
・匂いへの気配り(社員にはボーナスで禁煙手当も支給)
・前日のルート確認など徹底した事前準備(事故やミスを防止し、仕事のイメージを掴みゴールをイメージ。「丁寧な仕事」の8割は「準備」で決まる)
といったものです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

「丁寧」なのに仕事が速い人のヒミツ [ 池田 輝男 ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/2/3時点)

楽天で購入

 

 

これらの例を見てゆくと「丁寧な仕事」には、技術ばかりではなく、顧客の立場を考えた気づかいが求められるとわかります。著者は「お客様が感動するのは技術を提供する『人』」であり、その人がする仕事の「丁寧さ」にあると説きます。

ただし、現代の風潮としてありがちなサービスの押し付けや、クレームを恐れた「転ばぬ先の杖」的な過剰なサービスには否定的です。さらに、一律のマニュアルに縛られない「お店ごとのマイルール」を作る必要を著者は説きます。こうした顧客の百人百様のニーズに合わせるメソッドはあらゆる職種に応用可能なものでしょう。

『「丁寧」なのに仕事が速い人のヒミツ』

2021年1月27日発売

¥1,540(税込)

読み物・楽しみ

Posted by 管理