食事でからだの不調を整える!10万部ベストセラーの実践レシピ版『病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村の食養ごはん』発売

株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(本社:東京都千代田区、取締役社長:谷口奈緒美)は2021年9月17日に『病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村の食養ごはん』(山田剛・草野かおる 著 秋山龍三 監修)を刊行しました。

  • さまざまな体の不調をとりのぞいてきレシピを初公開

​2016年に出版されて10万部を突破した『「食事」を正せば、病気、不調知らずのからだになれる』は、多くの人の病気や不調を改善してきた秋山龍三氏が実践する独自の「食養」とはなにか、日本人に合った食事とはなにかについて紹介した1冊です。

この度、こちらの実践版として『病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村の食養ごはん』を刊行しました。
「秋山式食養」を自宅でも実践できるように、より具体的に、どんな時期にどんな食材を使って、どんな調理法で食べるのか、そのレシピを紹介していきます。

  • 秋山式食養とは?

​『食べたものが血液を作り、血液がからだを作る。そして、血液の汚れが病気を引き起こしている』という考えのもと、現代の食生活や生活習慣を見直すことで、血液をきれいにして、からだの不調をとりのぞくことが「秋山式食養」です。

秋山氏は、「肉、油、砂糖、添加物、薬品」などの過剰摂取や食生活の乱れにより血液が汚れ、生活習慣病やアレルギー、ガンなどの多くの病気や不調を引き起こしていると考えています。

血液はもちろんのこと、からだは下のイラストのように、常に新陳代謝を繰り返し、全身では1秒間に数百万回の細胞分裂をして、入れ替わっています。
このように、からだは少しずつですが常に生まれ変わっているため、食事を見直すことできれいな血液に入れ替え、体の不調を取り除くことができるのです。

  • 食材の効用からレシピまでこの1冊で!


秋山式食養の実践方法に加え、季節の野菜ごとの特徴や歴史、効用と下ごしらえ、調理方法について紹介しています。

【本書のレシピの特徴】
食材のおいしさと栄養を引き出す
食材が一番おいしくいただける旬の季節ごとに分類して紹介しています。
食材ごとに、おいしさと栄養を引き出すための「下ごしらえ」、「切り方」、「火の入れ方」の方法と、特徴、歴史、成分について記載しています。
②素材本来の味を活かすレシピ
掲載しているレシピは、かんたんに作れて、素材のよさをシンプルに味わえるものばかりです。
過剰なうまみで演出されたおいしさではなく、からだが本当においしいと感じるシンプルで深みのある料理になります。

からだの不調を改善したい、からだにいい食事をしたい、免疫力を上げたいと考える方に読んでほしい1冊です。
ぜひ本書を参考に食養ごはんを作り、からだが変わる実感を味わってみてください。

【目次】
1章 ふるさと村の「食養ごはん」とは 料理を作る前に知っておいてほしいこと
2章 基本の食養ごはん ふるさと村でいつも食べている基本の食事を紹介
3章 春の食事 春に旬を迎える野菜とレシピ
4章 夏の食事 夏に旬を迎える野菜とレシピ
5章 秋の食事 秋に旬を迎える野菜とレシピ
6章 冬の食事 冬に旬を迎える野菜とレシピ
7章 春夏秋冬食べられる豆・海藻・乾物類 季節に関わらずいつもおいしい豆類、海藻類、乾物類、加工品とレシピ
おわりに

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村の食養ごはん
価格:1870円(税込、送料無料) (2021/9/20時点)

楽天で購入

 

 

タイトル:『病気、不調知らずのからだになれる ふるさと村の食養ごはん』
発売日:2021年9月17日
刊行:ディスカヴァー・トゥエンティワン
仕様:A5判変型/368ページ
ISBN:978-4-7993-2746-3
定価:1870円(税込)

読み物・楽しみ

Posted by 管理