人間関係の悩みを7秒で解決?!繊細さん、気遣いさん必読の本が発売。接客マナーのプロがお助けします!

株式会社主婦の友社は、書籍『7秒で好かれる人になるコツと、小さな習慣』を2022年1月20日(木)に発売いたしました。

  • 半径3メートル以内の人間関係が悩ましい! そんな大人の人間関係を接客スキルで解決します。

年を重ねるごとに人間関係はやっかいになりがち。特に親や子ども、パートナー、友人といった、半径3メートル以内のごく身近な人とは、切るに切れない関係も多く、悩ましいもの。「私、何か気に障ることをした?」とか「こじれた関係は改善できるの?」と、くよくよ思い悩んでしまうことも多々あります。
この狭い範囲の人間関係の改善に、「接客術」を役立てようと、本を執筆したのが藤村純子さん。12年以上企業のコンサルティングや、個人のビジネスマナー講師認定を行っている一般社団法人日本接客リーダー育成協会代表理事およびビジネスマナー研究所株式会社代表取締役です。
初対面で好感度を上げ、現在の人間関係を改善するには接客の「リピーターを創る行動術」が役立ちます。接客なんて、ほんの数十分くらいのスキルでは?と思われがちですが、プロの接客の極意は「繰り返し訪れるリピーターを創ること」。藤村さんは、この「リピーター創りの専門家」として活躍している方です。

  • なんで7秒? それは相手に挨拶し、好感度を持ってもらうのに必要な時間です

接客において、初対面の人に好印象を持ってもらうために必要な時間は7秒と、藤村さんは考えます。これは、自分からあいさつして、相手のあいさつが返ってくるくらいの時間。この最初の7秒がなぜ大事かというと、アメリカの心理学者アルバート・メラビアン「メラビアンの法則」の応用です。相手と目が合って、体を向けて笑顔で自分からにっこりして、相手に好印象を与える割合が93%ある、と考えたのです。
これは初対面だけでなく、毎日顔を合わせる家族にも有効です。前日にケンカしても、翌朝、あなたの7秒アクション=「好かれるための行動」でリセットできます。それは夫に体を向けて、目を見て、にっこり笑って自分からおはよう!と言うだけです。え?こんなのでいいの?と思うことばかり。ぜひ試してみてください。本書ではこの「7秒ワザ」を多く紹介しています。どれも本当に簡単なものばかり。

  • 既読がついたらすぐ返信? トークアプリやSNSでのつきあい方マナーを紹介

会えない機会が多い昨今LINEやSNSでのおつきあいも増えました。手軽なようで、これが意外と面倒くさい。最初に使い始めたのは若い人たちなので、彼らのマナーが「正解」のようになってますが、大人には大人のライフスタイルと価値観があります。「既読がついたらすぐ返信」「LINEは1時間以内に返信」なんて時と場合で一概には言えません。この章では、オンライン世界でのコミュニケーションについて、大人の視点で考えていきましょう。インスタグラムやフェイスブックなど、SNSでの人間関係についての提案を紹介します。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

7秒で好かれる人になるコツと、小さな習慣
価格:1430円(税込、送料無料) (2022/1/23時点)

楽天で購入

 

 

書名:7秒で好かれる人になるコツと、小さな習慣
定価:1430円(税込)
仕様:四六判 192ページ
発売日:2022年1月20日(木)
https://www.amazon.co.jp/dp/4074503123

読み物・楽しみ

Posted by 管理