爪切男・著『クラスメイトの女子、全員好きでした』(集英社)刊行記念オンライントークイベント開催決定! 爪切男×上出遼平  少年時代の恋とか友情とか言えないこととか。

株式会社集英社(本社:東京都千代田区)は、デビュー作『死にたい夜にかぎって』がドラマ化されヒット、また今年2月から3ヵ月連続刊行が話題の注目作家・爪切男、最新刊『クラスメイトの女子、全員好きでした』(4月26日発売)刊行記念オンライントークイベントを開催いたします。

小学校から高校までいつもクラスメイトの女子に恋をしていた。
主演・賀来賢人、ヒロイン・山本舞香でドラマ化もされたデビュー作「死にたい夜にかぎって」の前日譚ともいえる、全20篇のセンチメンタル・スクールエッセイ。きっと誰もが“心の卒業アルバム”を開きたくなる、せつなくておもしろくてやさしくて泣ける作品。
帯の推薦文はアイナ・ジ・エンド(BiSH)さん。
「爪さんの人生は、いたってまともじゃない。どんな自分になったって、笑って生きていける気がしました。この一冊は、私の温かい居場所です」

イベント内容
デビュー作『死にたい夜にかぎって』がいきなりドラマ化もされヒットするなど注目の作家・爪切男さん。今年2月から3か月連続での刊行も話題になっていますが、そのラストを飾るエッセイ『クラスメイトの女子、全員好きでした』刊行を記念したスペシャルイベント!
ゲストに、『ハイパーハードボイルドグルメリポート』などを手掛けるテレビディレクター上出遼平さんを迎え、今回のエッセイのテーマにちなみ、ふたりの注目クリエイターの「少年時代の恋や友情、ハマったもの、当時の夢や想い、ここでしか言えないこと」などについて語り合います。少年時代のいろんな想いや経験が、表現者としての今に、いかに活きているのか? もちろん「ここだけ」のハードボイルドなトークに脱線する可能性も大! 間違いなく面白すぎる90分になります。

■開催日:2021年4月29日(木)18:00~19:30
■会場:青山ブックセンター本店 zoomにて
■定員100名様
①参加費のみ1,320円(税込み)
②参加費+『クラスメイトの女子、全員好きでした』(著者サイン本・送料込み)2,970円(税込み)
参加方法の詳細はこちからご覧ください。
http://www.aoyamabc.jp/event/tsume-kamide/

登壇者プロフィール
爪 切男(つめ・きりお)
作家。1979年、香川県生まれ。2018年『死にたい夜にかぎって』(扶桑社)にてデビュー。同作が賀来賢人主演でドラマ化されるなど話題を集める。2021年2月に『もはや僕は人間じゃない』(中央公論新社)、3月に『働きアリに花束を』(扶桑社)4月に『クラスメイトの女子、全員好きでした』(集英社)とデビュー2作目から3か月連続刊行され話題に!

                    (撮影/江森丈晃)

上出 遼平(かみで・りょうへい)
テレビディレクター・プロデューサー。1989年、東京都生まれ。早稲田大学を卒業後、2011年株式会社テレビ東京に入社。『ハイパーハードボイルドグルメリポート』シリーズの企画、演出、撮影、編集まで番組制作の全過程を担う。同名タイトルの書籍『ハイパーハードボイルドグルメリポート』(朝日新聞出版)もヒット。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

クラスメイトの女子、全員好きでした [ 爪 切男 ]
価格:1210円(税込、送料無料) (2021/4/22時点)

楽天で購入

 

 

爪 切男・著『クラスメイトの女子、全員好きでした』
定価:1,210円(10%税込)
判型:四六判ソフトカバー
頁数:224ページ
装丁:渋井史生
発刊:2021年4月26日
ISBN:978-4-08-788056-4

読み物・楽しみ

Posted by 管理