エンタメ小説界の風雲児・今村翔吾による直木賞候補作「童の神」がコミック化!! 大江山の鬼退治、酒呑童子の伝説が蘇る!

いまもっとも新作が期待されているエンタメ小説界の風雲児・今村翔吾氏。
2019年の「直木賞」と「山田風太郎賞」に立て続けに候補に挙がり話題となった、今村氏のベストセラー歴史小説『童の神』(角川春樹事務所刊)が、この度双葉社より待望のコミックとなりました。

童の神/原作:今村翔吾 漫画:深谷陽/双葉社童の神/原作:今村翔吾 漫画:深谷陽/双葉社

▼双葉社による漫画配信サイト「webアクション」にて好評連載中
https://comic-action.com/episode/13933686331793023798

  • 「すべての虐げられた者のために――。」

舞台は平安時代、大江山の鬼退治「酒呑童子」の伝説をもとに展開する血湧き肉躍る壮大な物語。

教科書では、煌びやかで優雅、文化的な時代であったと言われる「平安時代」。
しかしコミックス『童の神』では、優雅に暮らす「京人」と、彼らから蔑まれ財産や命までをも奪われる者との光と影が描かれている。
同じ赤い血が流れているのだが「人間」として扱われず虐げられた者たちが朝廷に立ち向かい、自由と尊厳のため戦う、伝説と史実を巧みに織り込んだ雄渾な大活劇となっている。

 

この物語にさらに命を吹き込むのは、歴史時代物に長けた漫画家・深谷陽氏の見事な画力。深谷氏はこれまでにも多くの歴史時代物を描いており、『童の神』の世界観をさらに魅力的に表現している。

原作をほぼ忠実にビジュアライズしているものの、漫画だからこそ可能な表現で登場人物をより緻密に描き込んでおり、とくに、足柄山の金太郎”坂田金時”が朝廷軍に加わるエピソードなどは、涙なしでは読めません!

ストーリーの大きな流れをつかむためにも続けて読んで頂きたい! ということで1巻2巻を同時発売。続く第3巻も9月に刊行を予定しており、あまり待たずして続きをお楽しみ頂けます。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

童の神(1) (アクションコミックス (月刊アクション)) [ 深谷陽 ]
価格:770円(税込、送料無料) (2021/6/12時点)

楽天で購入

 

 

『童の神1』ISBN 978-4-575-85587-6
『童の神2』ISBN 978-4-575-85588-3
発売日:2021年6月10日
定価:各770円(税込)
判型:B6判
発行元:双葉社(ACTION COMICS)

『童の神』1巻、2巻『童の神』1巻、2巻

  • あらすじ

舞台は平安時代。虐げられた者たちの戦いを描く、雄渾な大活劇!!
皆既日食の日に生まれた主人公・桜暁丸(おうぎまる)は、朝廷にまつろわぬ「童」と呼ばれる民とともに、自由と尊厳のために立ち上がる――。
伝説と史実を巧みに織り込んだ、エンタメ小説界の風雲児による直木賞候補作を名手がコミック化。
(原作:角川春樹事務所刊)

  • プロフィール

原作:今村翔吾(いまむら・しょうご)
代表作に『童の神』『八本目の槍』『じんかん』『羽州ぼろ鳶組』シリーズ、『くらまし屋稼業』シリーズなど。
https://twitter.com/zusyu_kki

漫画:深谷陽(ふかや・あきら)
近作に『ティガチャンティック』『もっと魅せる・面白くする 魂に響く 漫画コマワリ教室』(共著)ほか。
https://twitter.com/akira____f

読み物・楽しみ

Posted by 管理