ゾンビにファンレターが続々と届く!? 話題の絵本『ゾンビハムスターねずこ』は大人も必見!! エグい表紙とは裏腹に、大人も泣かせる絵本に多くの反響。

ハムスターの「ねずこ」と飼い主の男の子との交流を通じ、命には限りがあることを学ぶ絵本『ゾンビハムスターねずこ』が、徳島市の出版社から8月18日に刊行されてから一カ月、早くも多くの反響が寄せられている。

主人公は、小学校入学時にねずこを買い始めたヒカル。2年生になってねずこは死んでしまったが、ある晩、ゾンビ姿で枕元に出現。「ヒマワリのタネを思いっきり食べたい」というお願いをされる。それ以降、ねずこは夜な夜な生前やり残したことを頼みに来て、ヒカルは人間よりもはるかに短いねずこの寿命について考える・・・。

徳島市内で育児雑誌『ワイヤーママ』を創刊し、全国9か所でフランチャイズ展開してきた『株式会社ワイヤーオレンジ』代表・原田たけし(徳島市)の3作目の絵本。子どもに人気のコンテンツをモチーフに使い、「悔いなく生きること」の大切さなどを物語に込めた。

2021年8月18日に全国発売したが、早くも全国各地から出版社には「ねずこ宛」のファンレターが続々と届いている。また、インターネットのレビューには「子どもが何度も読んでとハマっている」や「何度も読み返して気づく、大人も感動する物語だ」「まるで『令和版100万回生きたねこ』のような読み応え」等、多くの反響が寄せられている。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ゾンビハムスターねずこ [ 原田たけし ]
価格:1540円(税込、送料無料) (2021/9/19時点)

楽天で購入

 

 

ねずみの女の子だから〝ねずこ〟と名づけられた一匹のハムスター。
彼女は、どうしてゾンビになってしまったのか?
ゾンビになってまで、この世でやり残したこととは何だったのか???
一見、ホラータッチですが、ページをめくるたびに、ねずこは、子どもたちに〝悔いのないように生きることの大事さ〟
そして〝生命には必ず限りがあること〟を教えてくれるでしょう。
ペットを大事にしてほしいと思っている親御さんにもお薦めです。

読み物・楽しみ

Posted by 管理